【電子足輪(GPSアンクレット)法】

電子足輪(GPSアンクレット)法


電子足輪(GPSアンクレット)法とは、13歳未満の児童に性犯罪を犯した者に対し、位置追跡を可能とする装置で、2008年9月より施行され最長で10年間装着する事を義務づける法律。





性犯罪の多い韓国では、青少年保護委員会が2001年7月より青少年に対する性犯罪者名簿を公開していたが、2008年5月に電子足輪法(特定性暴行犯罪者位置追跡法)、治療監護法、性暴行犯罪処罰法の3法案を含む「性暴行犯罪対策法律改正案」が国会で可決された。

また、治療監護法の改正で児童に性的衝動を感じる小児性愛症(ペドフィリア)など、性に関する精神疾患を抱えた性犯罪者は最長で15年間、強制収容され治療を受けることになった。





しかし、その後も相次ぐ凶悪な児童性犯罪「ナヨンちゃん事件」などにより、2009年10月法定刑によって付着期間を決める内容の「特定犯罪者に対する位置追跡電子装置付着などに関する法律(電子足輪法)」を改正し、装着する期間を10年から最長30年まで延ばした。

改正案によれば、性的暴行傷害をはじめ、法定刑が無期懲役以上の強力犯罪に対しては、電子足輪を付着する期間を「10年以上30年以下」にし、法定刑の下限が有期懲役3年以上の犯罪の場合は「3年以上20年以下」、法定刑が3年未満の場合は「1年以上10年以下の範囲内でそれぞれ付着を命じるようにした。

特に13歳未満の児童を対象にした犯罪に対しては、付着期間の下限から2倍まで加重させることができるようになっている。 (中央日報より)







関連サイト

メガン法(ウィキペディア)

中央日報 性犯罪者への電子足輪装着、10年から最長30年に(2009/10/20)

中央日報 性犯罪常習犯に電子足輪、関連法9月から施行(2008/05/23)



関連記事

電子足輪遡及対象者6,916人 [07/14]

児童性犯罪者の身上情報がインターネット閲覧可能 [06/30]




●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 銀行取引でどんどんマイルがたまる!!スルガ銀行ANA支店

ANA支店はANAとスルガ銀行が提携し運営するマイルが貯まるネット銀行です。
最大の特徴は「銀行取引でANAマイルがどんどん貯まること」

例えば・・・
 ・給与振込口座に指定するだけで年間600マイル!
 ・各種携帯電話の引落とし口座に指定するだけで年間120マイル!
 ・マイル付き住宅ローンを利用すれば最大25万マイル!  etc

今まで何気なく利用していた銀行サービスがANA支店に変更するだけでマイルが貯まる口座に大変身します。口座開設は郵送でOK!!

スポンサーサイト

【ズボン社長】

ズボン社長

「ズボン社長」とは、70年代の産業化が進行した時に生まれた言葉。商法上の実権者の犯罪に該当する事項を代わりにできるようにしている人を意味する隠語です。


ズボン社長は、名前だけの身代わり社長のことです。詐欺師たちがよく使う手法で詐欺を目的に会社を作り代表として自分自身ではなく、他の人を代表にすること。この名前だけの社長を「ズボン社長」といいます。犯罪(詐欺・脱税など)が明らかになった際は、ズボン社長が処罰されるため、処罰を代わりに受けるのを条件に報酬も多く約束されています。




●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 黄 文雄 (著)

歴史捏造・拉致犯罪国家には、真実の盾で闘え! 竹島問題、日韓併合・日本統治、経済問題、北朝鮮の主張、朝鮮半島の歴史などについての100問100答を掲載。『WiLL』掲載記事に加筆、編集したもの。

【高麗棒子(こうらいぼうし)】

高麗棒子(こうらいぼうし)

高麗棒子とは、中国人が韓国・朝鮮人に対して使う蔑称である。



高麗棒子(以下:ウイキペディアより)

高麗棒子(ガオリーバンズ、高丽棒子、Gāolì bàngzi、고려봉자)、あるいは韓棒子(한봉자)は、主に中国人が使う韓国・朝鮮人の蔑称。省略して棒子とも言う。

台湾のコンビニエンスストアなどでは高麗棒子の商品名で韓国風海苔巻きが販売されている。中華圏では認知度の高い語彙である。現在でも、中国に住む朝鮮族はこの言葉を嫌っている。


概要

高麗棒子の語源について、中国の歴史学者罗继祖は著書『楓窓脞語』(楓窗脞語)でこう述べている。

「解放前から、朝鮮人・韓国人のことを高麗棒子と呼んでいたが、その意味が判然としなかった。解放後で禁止用語になったので、美称ではないことを知った。だがその意義が曖昧なままだった。後に王一元の『遼左見聞録』を拝読し、その記載によると『朝鮮朝貢使と従者以外にも、使い走りの者で棒子と呼ばれる者が居る。その国では婦女が淫行罪を犯したら、刑罰として公営の売春宿で働かせ、そこで生まれた子が棒子と呼ばれ、一般人に蔑視されている。頭巾の使用が禁止されるので頭髪とヒゲが常に散乱し、馬や車両に乗るのも禁止されるので萬里の道でも徒歩で歩く、火炕や布団の使用も禁止されるので藁や乾草で床で寝る。つまりその国の賎民で下級労働者なり。』それでやっと棒子は元々私生児を指すことを知った、そしてそれは世代沿襲の身分でもあり、遂に自ら社会階層の一つと成った。」

満州国では警察官に朝鮮人も採用していた。朝鮮人警察官は、主に朝鮮で洗濯に使う棒を武器として警備をし、事実上の支配国であった日本の威を借りて横暴な態度を取っていたため、現地の中国人達は警官の携帯する武器の棒より「高麗棒子」と蔑称した。

また、中国では昔から人を「棒槌」と罵る習慣がある。棒槌とは洗濯用のずっしりとした棒で、人を罵る際の意味は日本語の「頭でっかち」と似ている。

一説によると、朝鮮語の元々の意味はチマチョゴリのことを指している。


関連記事

【噴水台】高麗棒(2008/08/28)





●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

【病身舞(ピョンシンチュム)】

病身舞(ピョンシンチュム)

病身舞(ピョンシンチュム)とは大韓民国の伝統舞踊で、身体障害者たちのしぐさを真似て踊り見物人たちを笑わせる冷酷な踊りである。日韓併合後、日本政府によって非人間性であるという理由でこの舞踊は一度禁止されたが、日本の敗戦後この醜い舞踊は再び演じられるようになった。






病身舞(以下:ウイキペディアより)

病身舞(ピョンシンチュム,병신춤)は、大韓民国慶尚南道密陽に伝わる伝統芸能の一つ。ハンセン病患者、小人、身体障害者、せむしなど、「身体障害者・病人=病身」として表現される。

女流演劇家の一人である孔玉振(コン オクチン、1931年 - )が、一人舞台で病身舞を演じてから、マスコミを通じて韓国中に知られることとなり、大衆娯楽化した。 日韓併合とともに、集会取締令の対象の一つとして禁止され、日本の敗戦後に復活する。






報道等における病身舞の話題について

NHK人間講座-大好きな韓国-第四回「街角の言語」で、伝統の「病身舞」が紹介された。

韓国の歌手グループ「神話(シンファ)」のエリック、チョンジンとシン・ヘソンが、過去に病身舞をしたのを撮影したビデオや収録されている映像が、外部に流出した事がある。KUKINEWS(韓国語)2006.01.09より

李炳逸(イ ビョンイル)監督 兼 製作、イ ヨンジン 原作・脚本『嫁入りの日』(韓国映画)1956年 東亜映画社


関連動画

病身舞の実際の映像ユーチューブ版

病身舞の実際の映像ニコニコ動画版





●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

【チョッパリ】【ウェノム(倭奴)】

チョッパリ(以下:ウイキペディアより)

チョッパリは朝鮮語の単語。

日本人に対する侮蔑語である。本来の意味は「豚足」を意味する言葉(チョッパル/족발)であるが、豚の蹄は先が二つに割れていることから、転じて下駄の鼻緒や足袋のつま先が分かれている様子になぞらえたものである。また、同様に在日韓国・朝鮮人に対して使われる、半分日本人であるという意味の「パンチョッパリ」(パン=半)という侮蔑語もある。





ウェノム(倭奴)(以下:ウイキペディアより)

ウェノム(왜놈)は朝鮮語で日本人をあらわす蔑称であり、差別用語である。単に倭(ウェ、왜)とだけ言う場合もある。

よく倭奴という漢字が当てられるが、元々は別の単語(왜노)で、「ウェノ」と発音する。ウェノムの「ノム」(놈)は漢字の当てられない朝鮮語固有語である。が、どちらも似たような意味であり、日本人を侮蔑・差別する言葉であることには変わりない。





●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 黄 文雄 (著)

歴史捏造・拉致犯罪国家には、真実の盾で闘え! 竹島問題、日韓併合・日本統治、経済問題、北朝鮮の主張、朝鮮半島の歴史などについての100問100答を掲載。『WiLL』掲載記事に加筆、編集したもの。

【バーバリーマン】

バーバリーマン

バーバリーマン(ko:바바리맨, Burberry man, ババリメン)とは人前で隠しておいた裸体を露出させる、韓国で猟奇的行為と呼ばれる行為の一種を行う人のこと。また、そのような露出行為をバーバリーマン行為という。





主に女学校の前で裸にトレンチコート(바바리코트(ババリコト)、代表的ブランドの「バーバリー」(버버리)から)やオーバーコートで隠しておいた裸体を女性等の前でさらすことからこう呼ばれるようになったとされるが、女性に対する単なる性器露出行為もしばしばバーバリーマン行為と呼ばれる。

インターネットや画像チャット、携帯電話を使って画像を送りつけるといった新種のサイバーバーバリーマン行為も話題になっている。一方、草なぎ剛の露出事件は韓国において一般的にはバーバリーマン行為とは認識されていない。

基本的に韓国においても犯罪行為であるが、コンサートやゲームのプロモーション、雑誌のマーケティング活動やイベントでも活用されたり、大韓民国産業デザイン展大統領賞受賞者によりデザインされたグリーティングカード、コメディー番組、映画、ミュージカルや、パロディーグッズなど、さまざまな場面でテーマやモチーフとして用いられる。


関連記事

ロケットニュース24 全裸のバーバリーマンに苦悩する女性たち(2009/02/04)

SPACE ALC Inc 바바리맨(ババリメン)- 辞書にない韓国語





●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 日韓、愛の幻想 呉 善花 (著)

情熱的なイケメンが結婚するとDV夫、嫁は姑と抱き合って同じ布団で寝る、美女はソウルに一極集中…。あっと驚く、韓国人の恋愛と結婚の実態を公開。韓流ブームに隠された真実、すべてわかります!

【乳出しチョゴリ】

乳出しチョゴリ

李氏朝鮮時代から20世紀半ば頃まで下級階層で男児を生んだ女性は乳房を露出する乳出しチョゴリを着用していた。当時の朝鮮人女性はこの衣装を「長男を生んで社会的義務を果たした」として誇りに思っていたのである。日韓併合で禁止されたが朝鮮戦争頃まではみられた。



























 

チマチョゴリ(以下:ウィキペディアより)

チマチョゴリは、朝鮮の伝統的民族衣装である韓服(朝鮮服)の一種で、チマおよびチョゴリからなる女性の装い。






概要

女性用韓服は、男女共通の上着であるチョゴリと、巻きスカートであるチマ(裳)によって構成される。

韓国では、袖のやわらかな曲線、全体を引きしめる白地のトンジョン(半襟)、合わせ着のように着る形が、「民族衣装韓服の3大美」とされている。しかし、近年では合わせ襟でない形式のチョゴリも登場している。

一方、日本国内にある朝鮮学校では、女子学生の制服としてチマチョゴリの様式を取り入れている。これは白いチョゴリと黒いチマを着用するものだが、北朝鮮ではこの色彩のチマチョゴリが女性の正装になっている。なお、韓国ではこの色彩のチマチョゴリは見られないが、民族史観高等学校では最近、チマチョゴリを制服として採用した。


歴史

朝鮮時代には貧弱な上体とふんだんな下体が美しいと思って、チョゴリは急速に短くなってチマは長くて広くなった。朝鮮王朝の後期から妓女服の影響で丈の短いチョゴリと狭い袖が流行し、服の着脱の度に袖をほどかなければならないほどになったこともあった。

また19世紀からチョゴリが乳房を覆えなくなったため、両班層の女性は通常胸覆いを使ったが、下級階層、特に男児を生んだ女性は乳房を露出することもあり(李朝時代に描かれた風俗画や、李朝末期から20世紀半ばにかけての朝鮮風俗を撮った写真には、乳房を露出した女性の姿が少なからず見られる)、当然ながらこの流行は儒学者の非難を受けた。日韓併合後には、男子を出産した女性が乳房を伝統的に露出する事を禁止にされ、1930年代から女性の社会進出が始まるとチョゴリの丈は短くなり始めた。

現在一般に見られるチマチョゴリは原色を使い派手な物が多い。しかし、朝鮮民族が「白衣民族」と自称してきたように、昔は普通白い服を着用し、常にその白さを保ち、かつより白くする事に非常に努力していた。この背景には朝廷による庶民に対する色付きの服の着用の制限の影響もある。ただし女性のチマはこの限りでは無く、娘と未婚女性、花嫁は赤いチマ、既婚女性や中年女性は藍色のチマ、老女はあさぎや灰色のチマを着用した。生成りの漂白されていないチマとチョゴリは主に未亡人や喪中の女性が着用した。


色彩と身分表示

朝鮮時代には服の色で自身の境遇を表した。未婚の娘は真紅のチマと黄色のチョゴリを着たし、新婦は真紅のチマと黄緑色のチョゴリを着た。

既婚者は藍色のチマと空色のチョゴリを着た。チョゴリの袖先が藍色なら息子がいるという表示で、紫朱色の結び紐をつければ夫がまだ生きているという意味だ。

王家や名門勢道家は金箔で模様をつけることができたが、文禄・慶長の役以後には両班が増えるにつれて一般化した。






★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

【ポシンタン(補身湯)】

ポシンタン(補身湯)

ポシンタン(補身湯)とは、朝鮮料理のひとつで犬鍋とも言う。犬肉に香草・唐辛子などをベースにしたスープ。韓国では、夏場にスタミナ料理として食べられることが多い。




ポシンタン(以下:ウイキペディアより)

ポシンタン(補身湯)とは犬の肉を使用した朝鮮半島の料理で、言葉通りに体に栄養を補うスープを意味している。もとの名はケジャンクク(개장국、ケは犬を、ジャンククは辛味のスープを意味)で、犬肉の代わりに牛肉を入れて似たように煮込むスープ料理のユッケジャン(육개장、牛肉のケジャンククを意味)のケジャンは、これが語源である。1980年代序盤、犬の食用を禁じた当局の取り締まりを避けるため、よく知られていた補身湯という名称を伏せるために作られた名称にヨンヤンタン(栄養湯)、サチョルタン(四節湯)などがある。これらはいずれも韓国での呼び名で、韓国においては犬肉を野菜とともに煮込んだスープが出されるが、北朝鮮では犬肉を「タンコギ」(단고기、「甘い肉」の意)と呼び、缶詰が売られている。

犬の肉には蛋白質と不飽和脂肪酸が多く含まれており、手術後の患者や栄養不足の人に滋養効果が高いといわれる。また最近は精力剤、肌美容としての効果を期待して食べることもある。韓国でも犬肉を毎日食べ続けている訳ではなく、三伏に滋養食として食べる場合が多い。

朝鮮において犬の肉は伝統的な料理の一つであるが、犬の肉を食べる文化の稀である日本や欧米では理解されず、また犬を屠殺する前に苦痛を与えるほど肉の味が良くなるとする俗説に従って、凄惨な虐待などを施した後に殺して調理するなどの事情もあり、「野蛮」であるとして批判された。これらの事情から、ソウルオリンピックの際にはこれを扱う食堂は表通りから一掃された。 ただ、看板をハングル表記のみにすればポシンタンの店だとは外国人にはわからないため、そのようにして営業をする店もあったという。 また、減っていた店舗数も、ソウルオリンピック閉幕後は戻ったという。

これらの影響もあり、一時はこの食文化を恥であるとして、表立って提供するのをはばかる場面もみられた。その後は、韓国国内では歴史的食文化を感情的理由で非難することについての批判が高まり、韓国の経済発展などで「朝鮮文化を見直す、世界に広く知らしめる」などと主張するナショナリズムの隆盛もあり、規制は現在行われていない。一方で、欧米の動物愛護思想の影響を受けた犬食反対団体が韓国内にも出来るようになった。

なお、若い世代には、犬の肉を食べることには抵抗のある者がいる。また、犬の肉は匂いが強いと考えられていたり、中年男性が精力剤として食べるものと言う者がいる。しかしながら老若男女を問わず、年間200万頭もの犬肉を消費しているという調査結果もある


関連記事

AFPBB News ソウルの犬料理店、初の食品安全検査へ(2008/04/14)

中央日報 犬肉、年間200万頭・1兆4000億ウォンを消費(2006/10/24)

犬の屠殺写真

関連動画

IAKA - Dog Hung and Tortured in South Korea

犬食文化の韓国 食用犬市場の隠し撮り映像








★ 韓国は日本人がつくった (WAC BUNKO) 黄 文雄 (著)

さまざまな要因・理由がいくつも複合的に絡み合っている韓国人の嫌日・反日感情の最大の理由であり、彼らが日本攻撃の際に必ず引き合いに出す「歴史認識」問題に迫る。
「日帝三六年」がなければいまの韓国はなかった。歴史を学ぶべきは韓国である。

【人糞酒(トンスル)】

人糞酒(トンスル)

人糞酒『トンスル』とは韓国伝統のお酒で焼酎を入れた竹筒を“くみ取り式便所”からロープで排泄物タンク(便壷)に入れ、人糞に漬けるというもの。人糞が豊富に含まれており健康に良いとされる。長時間漬ければ漬けるほど良い『トンスル』ができるとされているが、そのあたりの製法は地方や個々の家によって違うという。現在でも韓国の田舎のほうではよく愛飲されているようである。


トンスル


トンスル(以下:ウイキペディアより)

トンスル(똥술)は、韓国において人、犬、鶏の糞を漬け込んだ薬用酒。トンスルとは韓国語で「うんこ酒」という意味。


概要

トンスルは、打撲時や腰痛、骨治療に効くとされ、薬として飲用された。竹筒に小さな穴を開け、松葉できっちり穴を塞ぎ、便所に入れておき、3~4ヶ月経つと、竹筒の中に清い液が溜まるので、それをマッコリと混ぜて熟成させると、味も香りも問題なく、骨治療に効いたという。しかし時間がかかるため、急ぎの場合は直接に酒と大便を混ぜて3日程度で飲む場合もあったが、急造されたトンスルは薬としての効果は弱く、非常に臭いがきつく飲みづらいという。『東医宝鑑』によると、白狗屎(백구시)=白犬の糞(흰개똥)を焼いて、酒に入れて飲めば、出来物、積聚、瘀血に効くという。1970年代までは、病気治癒の民間療法としてトンスルは利用されていた。


糞を薬とする歴史

糞は、古来から漢方薬として用いられてきた。鶏糞酒は、唐代の『千金要方』にも記載がある。鶏糞は、鶏矢醴又は鶏屎白散と呼ばれる漢方薬で、漢方の古典『黄帝内経』や漢代の『金匱要略』にも処方が記載されている。このほか、漢方薬として、ムササビの糞(五霊脂)、コウモリの糞(夜明砂)、野ウサギの糞(望月砂)、すずめの糞(白丁香)、カイコの糞(蚕砂)などが用いられている。明代の『本草綱目』にも、黄龍湯(zh:黃龍湯)、糞清、人中黄と呼ばれる、糞を漢方薬にしたものが記されている。また、日本では、古来からウグイスの糞を美白やにきびの治療薬(塗り薬)として使用してきた(これらは、効果が科学的に証明されている)。朝鮮半島では薬が珍しく貧しかった時代、治療のために土を塗ったり、小便を飲んだり、大便を食べたりした。李氏朝鮮時代の王たちの疾病と治療法を研究したソウル大大学院医学科の金正善によると、中宗は解熱剤として「野人乾」(人糞)の水を飲んだという。







★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

【嘗糞(しょうふん)】

嘗糞(しょうふん)

嘗糞(しょうふん)とは、人間の糞を舐めて、その味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調が悪化していると判断する、古代中国や朝鮮半島の李氏朝鮮時代まで行われた民間療法。儒教では孝行の一種とされている。こうした風習は朝鮮時代まで続き、日韓併合後に禁止された。


嘗糞(しょうふん)


嘗糞(しょうふん)(以下:ウイキペディアより)

嘗糞(しょうふん、상분)とは、人間の大便を舐めて、その味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調が悪化していると判断する、古代中国や朝鮮半島の李氏朝鮮時代まで行われたという診断法。

中国の南北朝時代や唐代の説話集『二十四孝』や『日記説話』によれば、南斉時代に庾黔婁と言う役人が不安に襲われて急遽帰郷すると父親が病気になっいて、医者に糞を嘗めて見ないと状態が解らないと言われ、実際に糞を嘗めてみた結果、その味が甘かったので憂いたとされ、これが儒教における孝行の一種「嘗糞憂心」の説話となった。この説話は李氏朝鮮の王、世宗が編纂を命じた儒教的な教訓を纏めた書『三綱行実図』にも孝行の一つとして取り挙げられた。

また、嘗糞は「お世辞の言葉」としても使われ、お世辞の度が過ぎる輩の事を「嘗糞之徒」と言う。これは、中国の春秋時代に勾践が呉王の糞を嘗めて病気がじきに治ると言ったという『呉越春秋』「勾践入臣外伝」の故事に基づく。


朝鮮での嘗糞の実際

6年以上父母の糞を嘗めつづけ看病し病気を治した親行息子の話などの記録があり、指を切って血を飲ませる「指詰め供養」(断指)や内股の肉を切って捧げる「割股供養」などと共に、親に対する最高の孝行の一つとされた。また朝鮮王の中宗も解熱剤として人糞を水で溶いたものを飲んでいたという。


嘗糞憂心


20世紀に入っても人間の大便を民間医術に使用する例があり、『最近朝鮮事情』には重病人に大便を食わせる例が載せられている。また『朝鮮風俗集』には人中黄(冬期に竹筒に人糞と甘草を交ぜ地中に埋め、夏期に取り出し乾燥させて粉末にしたもの)と言う民間薬が載っている。






★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

【試し腹(ためしばら)】

試し腹(ためしばら)(以下:ウィキペディアより)

試し腹(ためしばら)とは朝鮮半島で行われていたもので、父親が結婚前の自分の娘に対し、妊娠の可・否を調べる為に性行為をする事を云う。大韓帝国の時代まであった風習だが、日韓併合後に直ちに禁止にされた。


概要

「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、「道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない。
故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』ということを証明するために、「種男」という男に娘を犯させ、妊娠した状態で輿入れさせる」。これを「試し腹」と言います。産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、結婚はおろか大人になるまで成長する者も稀だったと言われています。

自分の娘を血縁の近い男(兄や叔父)に妊娠させて、妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が暴走した悪しき習慣です。






★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

【妓生(きしょう、キーセン)】

妓生(きしょう、キーセン)(以下:ウィキペディアより)

妓生(きしょう、キーセン)とは、諸外国からの使者や高官の歓待や宮中内の宴会などで楽技を披露するために準備された女性の事をさす。しかし実際の妓生の位置付けは芸妓を兼業とする娼婦である。 妓生の起源は、新羅や高麗にさかのぼるとされる。新羅時代に於いては天官女がそれに相当すると言われている。高麗時代には官妓・官婢の中で容姿の優れた者を選別し、歌舞を習わせ女楽としたとあり、これが妓生のルーツとされている。 国家が認定していたという点や厳重なしきたりがあった事から日本の遊女や芸者とは成り立ちが異なる。



李氏朝鮮時代の妓生

李氏朝鮮時代の妓生は、官に属する官妓(妓女・ソウルに仕える宮妓と地方の郷妓に分かれる)と私有物である妓生が存在したが、大半は官妓だったようである。妓生になる女性は、大半は奴婢であるが、実家の没落・一家離散または孤児となったり身を持ち崩すなどした両班の娘などが妓生になる場合も多い。李氏朝鮮の妓生は高麗女楽をルーツにしており、宮中での宴会に用いる為の官妓を置いた。またそれを管理するための役所妓生庁が存在した。一般的に妓生は、両班を相手とするため、歌舞音曲・学問・詩歌・鍼灸などに通じている必要があった。また、華麗な衣服や豪華な装飾品の着用が許され、他国の高級娼婦と同様に服飾の流行を先導する役目もした。

妓生の全盛(絶頂)期は暴君として名高い燕山君の時代とされており、名寺刹円覚寺を潰し、妓生院を建て、全国から女子を集め大量の妓生を育成した。これは燕山君の淫蕩な性格に起因していると言われており、妓生の風紀も乱れた。

李氏朝鮮時代の妓生は、3つのランクに別れており、最上のものを一牌(イルペ)、次のものを二牌(イペ)、もっとも下級な者を三牌(サムペ)と呼ぶ。単なる売春行為を行う女性は寺党(サダン)・色酒家(セクチュガ)・鼻頭(コモリ)・トルビョン・花郎女(ファランニョ)などと呼び、妓生とは言わない。

一牌(一牌妓生)が真の意味での妓生であり、気位が高く「妓生宰相」とも呼ばれ、また「売唄不売淫」と言う様に貞節を重んじ、身体を売る事は無いことを建て前としていたが、実際には国家が支給する給料に比べて支出が多いために家畜制度(畜は養うと言う意味)が認められていた。これは特定の両班に囲い込まれる事で資金的援助を得る事実上の売春制度である。ただし、このように囲い込まれた一牌妓生との間に産まれた子供は、例外的に奴婢ではなく良民の子として遇する制度があった(高麗・李氏朝鮮では片方の親が奴婢・賤民の場合その子を奴婢とする制度があった。ただし、この制度の対象となるのは男子のみで、女子は原則として母親同様妓生となった)。 また、ここには「薬房妓生」(医女参照)や宮中の衣服関係を担当した「針婢」(「尚房妓生」)も含まれる。二牌(二牌妓生)は隠君子とも呼ばれ、準妓生とされる。一牌妓生から転落したものが多く、住宅街の中で暮らし、隠れて売春するものが多かった。三牌(三牌妓生)は完全に娼婦であり、「タバンモリ」とも言う。雑歌を唄って接客したとされる。李氏朝鮮末期に至るとこれらの区別はつかなくなり、三牌までを妓生と呼ぶようになっていた。また、李氏朝鮮には「医女」制度があったが、成宗の冶世の末期より、徐々に医女と妓生の区別もつかなくなり、李氏朝鮮後期には一牌妓生が宮中内外での医療行為も行っていたようである。

また、ソウルには妓生房と呼ばれるものがあり、主として官庁の管理の元に営業をしていたが、遊郭に似ており、かなり厳格なしきたりを持って運営されていた。しかしながら地方においては三牌が多く、このようなものは存在しなかったとされる。

李氏朝鮮末期に開国に至ると、日本や海外からの文化流入により妓生制度にも変化が見られるようになる。日本の芸者や遊郭制度、ロシアなどから入ってきた白人の外娼(甘人=カミンと呼ぶ)などが入り込み、従来の妓生制度と融合し、区別が無くなっていった。李氏朝鮮末期には妓生組合が作られているが、これによって従来、雇い主を必要とした妓生も主人を持たない妓生業が行えるようになり、地方の妓生がソウルに入り込み、これにより妓生の形態が激変した。そして日本領時代に確立した公娼制度に組み込まれた。また、大韓帝国の時代までは初潮前の少女を妓生とすることも多かったが、日韓併合後に少女を妓生とする事を禁止した。



大韓民国の妓生

大韓民国の成立後に朝鮮戦争が勃発し、戦火で焼き尽くされた国土の復興には莫大な費用が必要になった。朴正煕大統領は、日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約で獲得した資金を元に復興を進め、在韓米軍を新たな復興への資金源として見出した。当時、駐留米軍に対する風俗店は、朝鮮語でヤクザと呼ばれる非合法の犯罪組織が関与しており、莫大な金額が地下に流出していた。これを一斉に摘発し、新たな国営の娼館制度を代わりに据え、外貨獲得を行った。これが便宜的に国営妓生と呼ばれる制度であり、更なる外貨獲得を目指して、一時はベトナム戦争時など海外にも派遣された。日本が復興し海外旅行が再開されると、日本からの観光客に対しても、国営妓生が使われた。1990年代まで、キーセン旅行と呼ばれるほど韓国旅行が風俗旅行と同等の意味を持っていたのはこのためである。

漢江の奇跡を経て1980年代に韓国経済が軌道に乗り始めると、国営妓生の志望者は減少した。埋める形で成長した民間の妓生ではフィリピンやインドネシアなどの東南アジアから女性を誘致するようになった。ソ連崩壊後は、ロシア人女性も誘致の対象となった。

だが、やがて外国人娼婦に対する違法行為が頻発し、一部で社会問題化する。そして2004年に韓国の議会は、すべての売春施設を閉鎖し、売春行為を違法とする法改正を行った。これによって、妓生は大韓民国では事実上廃止された。



朝鮮民主主義人民共和国の妓生

朝鮮民主主義人民共和国においての妓生の実態は不明である。ただ、喜び組が、李氏朝鮮時代の官妓に類似している。







★ 韓国併合への道 (文春新書) 呉 善花 (著, 原著)

著者は『攘夷の韓国 開国の日本』で第5回山本七平賞を受賞した韓国人女性。日本人といえば「過去を反省しようとしない人たち」と教えられ、そう思い込み続けてきたが、それはどうやら韓国人のほうにあてはまる言葉であると知り、「併合に至った韓国側の問題点」の究明を思い立った。この本を書くに至った動機をそう語る。韓国人が自らの肉体を刻むようにして「併合の原因」を摘出した自省の書である。

【種受け(シバジ)】

種受け(シバジ)

種受け(シバジ)とは、朝鮮半島において、李氏朝鮮時代まで存在した職業の一つで、後継ぎがいない名家の主人と性交をし、後継ぎの男の子を出産する事により代金を得る職業である。
嫉妬した夫人に虐待される事も多かった。 男子では無く、女子が生まれた時は、その子は引き取られ、母親と同じ種受となり、世継ぎの子を出産したら顔も見ない内に直ぐにその家を立ち去る事がシバジの掟である。
人権上問題が多く、韓国併合後に朝鮮総督府によって禁止された。



シバジ(以下:ウイキペディアより)

シバジ(朝鮮語:씨받이)とは、朝鮮半島において、李氏朝鮮中期以来存在した風習の一つで、家の跡継ぎとなる男子を得るために、子供を生むための女性を雇うこと。また、それに従事する女性をさす。現代においての代理母と似た概念である。日韓併合後に禁止された。

씨(シ)が「種」を、받이(パジ)が「受けること(もの)」を意味することから、日本語で「種受け」と訳されることがある。


概要

祖先の祭祀を重視する儒教を建国理念としていた朝鮮王朝期の両班社会においては、男系を繋ぐ事が大事なものとされ、家門の継承の為に跡継ぎたる男子を儲けることが重要となった。李朝中期までは、高麗時代の仏教文化が残り、財産も均分相続されるなど、長子に相続権が集中されることは稀であったが,儒教の教えが一般民衆まで浸透する李朝後期になると女性の排除や長子集中が著しくなる。そして、妾が産んだ庶子に対しては厳しい差別が社会的に設けられていた。そして何らかの問題が生じて家門を継ぐ男の子が生まれない場合、一般的には一族の男の子から一人を養子とすることがもっとも一般的であった。しかし、これができない場合、子供を嫡子として育てるために、シバジという密かな存在が生まれた。シバジになったのは、寡婦や賤民で、おもに子をたくさん産んだ女性であった。

日本では、1987年の韓国映画『シバジ』によってその存在が一部で知られるようになり、当時問題となりつつあった代理母出産との関係で注目された。

映画『シバジ』においては、世継ぎの男子を出産した場合には顔も見ないうちにすぐにその家を立ち去ることがシバジの掟であるとされ、女子が生まれた時はシバジが引き取ってその子は成長後はシバジとなると描かれている。






★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

【火病(ひびょう、ファビョン)】

火病(ひびょう、ファビョン)(以下:ウィキペディアより)

火病(ひびょう、ファビョン、韓国語:화병)とは文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、韓国人特有の精神疾患の一つとして名づけられた名称。



概要

普段感情を抑えることのない朝鮮人が極度に怒りを抑える事によって強いストレス性の障害を起こす疾患とされている。症状としては、胸が重苦しくなり、不眠症や拒食症・性機能障害などを併発する事が多い。大韓民国(韓国)では鬱火病(ウラビョン)ともいう。鬱火病の鬱は鬱病とは関係なく、鬱血や鬱憤の鬱と同じ、「その場に溜まってゆく」といった意味である。若者の火病の初期症状として、自分の思い通りにならない、あるいは欲しいものが手に入らなかった幼稚園児が泣き喚いて暴れ、暴力を振るうように、強い怒りと共に無関係の人への八つ当たりの行動を伴う。アメリカ合衆国の精神科協会において、1996年に文化依存症候群の一つとして登録された。

また、一部で英語表記がHwapyungと紹介されている場合があるが、Hwabyungが正しい表記である。ただし、現在韓国で行われているローマ字表記(文化観光部2000年式)では「화병」は「Hwabyeong」である。これはハングルでの綴りが화병(Hwabyeong)であるが、実際の韓国語の発音が화뼝(hwappyeong)であり韓国語表記自体が実際の発音と表記にズレがある事とローマ字表記法の統一が普及していない事によるものである。



韓医学の中の火病

火病という用語は、中国明時代の名医、張介賓が使用したもので、李氏朝鮮時代に朝鮮半島に伝わった。韓国の民俗的症候群で(憤怒症候群)英語ではanger syndromeに当たる。

火病とは、抑鬱した感情を発散せず、抑制した中で起こる神経性的な火(鬱火)によって現れる全ての症状を指す。この感情には、怒(怒り)、喜(喜び)、思(思慮)、憂(憂い)、悲(悲しみ)、恐(恐れ)、驚(驚き)の7つの感情(七情)があり、必ずしも「怒る」ことだけによって発病するものではないとされている。



インターネット、メディア等で使用される「火病」

日本語のインターネット掲示板、主に2ちゃんねる上では、一種の癇癪(かんしゃく)やヒステリーの意味で「火病」が使われており、元々は朝鮮民族に対して用いられる言葉であるが、近年ではそれ以外の対象に対して使われる事も多い。議論で反論に窮した場合などに冷静さを失って感情的になるという意味や韓国人や朝鮮人を揶揄する目的で使われる事が多い。ファビョンや、動詞化してファビる、ファビョるとも言われる。

国内の大手メディアでは、2009年7月31日、産経新聞記事で「【全英女子OP】大たたきで火病? 姜秀衍、署名拒否で失格」との見出しで使用例が確認されている。

マンガ 嫌韓流では、火病の症状として韓国人が「グワババババババ」と声を上げて発狂する場面が登場するが、通常は火病によりこのような症状が見られることはなく、実際の火病はむしろ同マンガ中に登場する「うぐぐぐぐ・・・・・」という場面に近いと言える。






★ マンガ嫌韓流 4 (晋遊舎ムック) 山野 車輪 (著)

在日韓国・朝鮮人は、内政干渉を可能にする「外国人参政権」と言論弾圧を合法化する「人権擁護法」を間もなく手に入れようとしている。在日が密かに進めてきた「日本乗っ取り」は、すでに最終段階に入っていた。しかし多くのマスコミは在日や韓国に関する正しい情報を伝えないため、このことに気付いている日本人はあまりにも少なかった……。
沖鮎要ら「極東アジア調査会」は、水面下で進行している「日本侵略」を阻止するため、在日の恐るべき実態を日本人に広く伝えるべく活動を再開。一方、同胞の悪行に心を痛めていた在日韓国人の松本光一は、ある決意を胸に在日としてのケジメをつけるべく行動を開始した。すべては日本と韓国そして在日との真の友好のために――。

ほのぼの韓国ニュース


ブログ王

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



※このサイトはリンクフリーです。
PR
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
ショッピング
天気予報
おすすめ本
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
竹林はるか遠く
日本人少女ヨーコの
戦争体験記


よくわかる慰安婦問題
よくわかる慰安婦問題


韓国人に教えたい 日本と韓国の本当の歴史
韓国人に教えたい
日本と韓国の本当の歴史


虚言と虚飾の国・韓国
虚言と虚飾の国・韓国


朝鮮紀行~英国婦人の見た李朝末期
朝鮮紀行~
英国婦人の見た李朝末期


悪韓論
悪韓論


韓国男性に恋してはいけない36の理由
韓国男性に恋してはいけない
36の理由


トガニ: 幼き瞳の告発
トガニ: 幼き瞳の告発


捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国
捏造、剽窃、なりすましで
嗤われる韓国


息抜きゲーム









月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
おすすめフリーソフト
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Dropbox クラウドサービス2GBまで無料で利用できます

gigafile

クイックメール

Ubuntu
Ubuntu wiki
Fedora
Fedora wiki
Vine Linux
Vine Linux wiki
プロフィール

nekopanchi

Author:nekopanchi
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR