【強制徴用】挺身隊として強制徴用 不二越に賠償命令=韓国地裁

挺身隊として強制徴用 不二越に賠償命令=韓国地裁 [11/23]


太平洋戦争中に女子勤労挺身隊として、日本の機械メーカー不二越(富山市)で労働を強いられた韓国人女性5人が同社に損害賠償を求めた訴訟の判決で、韓国のソウル中央地裁は23日、5人に各1億ウォン(約950万円)を賠償するよう同社に命じた。


20161123teishintai.jpg


5人は昨年4月、強制労働の過程で精神的、肉体的苦痛を受けたとして、同社に計5億ウォンの損害賠償を求める訴えを起こした。

これまで日本の戦犯企業を相手取った損害賠償訴訟は韓日両国で提起されてきた。

日本の最高裁は2011年10月、不二越の挺身隊募集時の違法的行為や強制徴用を認めつつも、1965年の韓日請求権協定により原告の請求権が消滅したとして、韓国人被害者の上告を棄却した。

一方、韓国の大法院(最高裁)は2012年5月、戦時中に強制徴用された韓国人被害者が三菱重工業と新日本製鉄を相手取り起こした損害賠償訴訟の上告審判決で、個人の請求権は有効だとの判断を示した。

2014年10月にはソウル中央地裁が、元挺身隊員の韓国人女性13人と死亡した元隊員の遺族18人が不二越に損害賠償を求めた訴訟で、1人につき8,000万ウォンから1億ウォンを賠償するよう同社に命じる判決を下した。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2016/11/23/0400000000AJP20161123001800882.HTML












   <ヽ`∀´> 早く払うニダ!






















スポンサーサイト

【強制動員】不二越が賠償責任を否定 元挺身隊らの損賠訴訟=韓国

不二越が賠償責任を否定 元挺身隊らの損賠訴訟=韓国 [03/09]


第2次世界大戦中に労働を強いられたとして、元女子勤労挺身隊員の韓国人女性5人が日本の機械メーカー・不二越(富山市)を相手取り計5億ウォン(約4,630万円)の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、ソウル中央地裁で開かれた。

不二越側は訴訟の証拠や争点が日本と密接な関連があるため裁判管轄は日本にあるとした上で、韓国の法廷で審理が進行されるのは不当だと主張した。


20160309teishintai.jpg


また、5人が主張する損害賠償請求権は1965年の韓日請求権協定で消滅しているとしたほか、請求権協定にかかわらず消滅時効が過ぎていると指摘した。

次回の口頭弁論は5月11日。原告の被害の立証方法などを扱うことを決めた。

不二越は戦時中、約1,000人の朝鮮人少女を自社の軍需工場で働かせたとされる。少女の多くは13~15歳で、中には10歳の少女もいた。

ソウル中央地裁は2014年10月、別の元挺身隊員13人と遺族らが不二越を相手に起こした損害賠償請求訴訟で1人当たり8,000万~1億ウォンの賠償を命じる判決を出した。

強制動員の被害者らによる訴訟は現在全国で10件以上行われている。勝訴判決もいくつか出ているものの、日本企業が実際に賠償した例はない。判決が確定しても日本で執行判決を受けなければならず、実際に賠償にこぎつけるのはきわめて難しいとされる。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2016/03/09/0400000000AJP20160309002200882.HTML












   <#`皿´> ファビョーーーーーーーーーーン


















「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



【強制連行】「強制連行」案内板の要求を不許可 高島炭坑 長崎市「客観的事実を」

「強制連行」案内板の要求を不許可 高島炭坑 長崎市「客観的事実を」[12/23]


世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の一つ、高島炭坑(長崎市高島町)近くの供養塔に、韓国人大学生らが「強制連行」の言葉を盛り込んだ案内板の設置を市に求めていた問題で、市側が許可しないと回答したことが22日、分かった。


20151223kyosei-renko.jpg


この問題は10月下旬、漢陽大学(ソウル)の学生を名乗る人物らから、メールや電話で、供養塔周辺に案内板を設置したいと要請があった。案内板の文案として「強制連行された韓国人の魂が眠っている場所だ」などとしていた。

だが、供養塔にまつられた炭鉱労働者に朝鮮半島出身者が含まれるかは不明だ。長崎市の島民への聞き取りなどの調査でも、供養塔に半島出身者の遺骨が納められているとは確認できなかった。

また、供養塔にあった遺骨は昭和63年、近くにある金松寺に預けられた。

長崎市は「供養塔の遺骨は金松寺納骨堂に移転の上、慰霊碑が高嶋神社横に建立されている」とする説明板を、供養塔周辺の3ヵ所に設置した。その上で、韓国側の要求を退けた。

同市の山口太理財部長は「韓国側の意見や感情はいろいろあろうが、供養塔を訪れる人には客観的な事実を伝えなければならない」と説明した。

高島炭坑が世界遺産に登録されて以降、強制連行された半島出身者の慰霊目的で、多くの韓国人が供養塔に訪れるようになった。聯合ニュース(電子板)など韓国側の報道によれば、9月に韓国放送局文化放送(MBC)が「高島の供養塔は、半島出身者の遺骨埋葬地の目印として建てられた」などとバラエティー番組で放映した。



ソース:産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/151223/wst1512230019-n1.html












   <ヽ`皿´> ファビョーーーーーーーーーーン






















【強制動員】三菱重工 元挺身隊女性らの訴状を2回返送=裁判開けず

三菱重工 元挺身隊女性らの訴状を2回返送=裁判開けず [06/11]


日本の植民地時代に勤労挺身隊として三菱重工業の工場で働かされた韓国人女性らが同社を相手に訴えた損害賠償訴訟の訴状が日本側から2回にわたり返送されていたことが11日、分かった。

同社は事実上、「受け取り拒否」をした形で、提訴から1年4ヵ月経つが裁判はいまだに開かれていない。

韓国の市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」によると、韓国の法院行政処は先月15日にこの訴訟に関する訴状が日本当局から返送されたと光州地裁に伝えた。昨年12月と同様、訴状に不備があったことを理由に返送されたという。

この訴訟は元勤労挺身隊だった女性3人と、遺族1人が同社に対し計6億ウォン(6,630万円)の損害賠償を求めたもの。

訴訟の送達は当事者に請求趣旨や理由などを通知する手続きで、裁判を始めるのに必ず必要だ。国際訴訟の手続きは複雑で、あらためて同社に訴状を送達するにはさらに数カ月かかる。

同団体は三菱重工業の露骨な時間稼ぎだと反発している。

原告の女性らは80代半ばで、一刻も早い裁判の開始が求められる。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/06/11/0400000000AJP20150611001700882.HTML












   <ヽ`皿´> けしからんニダ! 三菱は謝罪して賠償汁!












電話代行<br />


介護福祉士 求人


引越し 見積もり



【強制徴用】韓国の元徴用工668人 日本企業提訴=原告計920人に

韓国の元徴用工668人 日本企業提訴=原告計920人に [04/21]


戦時中に日本に強制徴用され働かされたとして、元徴用工と遺族の668人が日本企業を相手取った損害賠償請求訴訟をソウル中央地裁に起こした。元徴用工らでつくる団体「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」が21日明らかにした。


20150421kyosei-choyo1.jpg
ソウル中央地裁に入る遺族会のメンバーら


2013年12月にも徴用工と遺族の計252人が同遺族会を通じ、賃金や賠償金の支払いを日本の3社に求める訴訟を同地裁に起こしたが、日本企業側が訴訟に応じず、審理が遅れている。今回の提訴により原告は合計920人となった。提訴されたのは三菱重工業など72社。

日本政府は1965年の韓日基本条約締結に伴う請求権協定で、請求権問題は解決したとの立場だが、韓国の大法院(最高裁)は2012年5月、日本企業に対する個人の賠償請求権は消滅していないと判断。今回の訴訟は、大法院の判断後、日本企業に賠償を求める訴訟としては過去最大規模となった。

遺族会は訴状提出後に記者会見し、未払い賃金の供託金や厚生年金、軍事郵便貯金などの返還を求めた。

弁護側は、企業を相手取った第2次大戦の損害賠償訴訟に詳しい米国の弁護士事務所と協力し、訴訟を進める計画。


20150421kyosei-choyo2.jpg




ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/04/21/0400000000AJP20150421002100882.HTML












   <ヽ`皿´> 日帝企業は謝罪して賠償汁!






















【強制徴用】日本政府 元勤労挺身隊の韓国人女性に年金199円支給

日本政府 元勤労挺身隊の韓国人女性に年金199円支給 [02/24]


日本政府が第2次世界大戦中に三菱重工業の軍需工場で働いた元朝鮮女子勤労挺身隊の韓国人女性3人の銀行口座に1人当たり199円を支払っていたことが明らかになった。韓国の市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」が24日発表した。

1944年当時、日本で強制労働させられたキム・ジェリムさん、ヤン・ヨンスさん、シム・ソンエさんと故オ・ギルエさんの遺族の4人は昨年11月、日本政府を相手に厚生年金脱退手当金の支払いを求めた。

日本政府はキムさん、ヤンさん、シムさんの3人については一定期間厚生年金への加入が認められるとして1人当たり199円を支払ったものの、オさんの遺族に対しては、オさんが加入期間の6ヵ月を満たしていないとして支払わなかった。

同団体関係者は、以前訴訟を起こした女性に対しては99円を支払い、今回支払いを求めた4人のうち3人に199円を支払ったのは、日本政府に明確な基準がないことを示していると指摘し、強く非難した。

また同団体は、訴訟を起こした女性は10代の時に強制連行され、約2年近く強制労働させられ、現在も苦しんでいると説明。三菱重工業や日本政府に対し謝罪を求めた。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/02/24/0400000000AJP20150224003100882.HTML












   <#`皿´> もっと払えニダ!ファビョーーーーーーーーーーン






















【強制徴用】元徴用工ら1,000人 日本企業に賠償求め提訴へ=韓国

元徴用工ら1,000人 日本企業に賠償求め提訴へ=韓国 [02/24]


戦時中に日本に強制徴用され働かされたとして、元徴用工と遺族の計約1,000人が日本企業約30社を相手取った損害賠償請求訴訟を韓国で起こす。元徴用工らでつくる団体「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」が24日、ソウル市内で開いた記者会見で明らかにした。


20150224kyosei-choyo.jpg


日本政府は1965年の韓日基本条約締結に伴う請求権協定で、請求権問題は解決したとの立場だが、韓国の大法院(最高裁)は2012年5月24日、日本企業に対する「個人の賠償請求権は消滅していない」と判断。これを受け、韓国では日本企業に賠償を求める訴訟が相次いでいる。今回、原告約1,000人が提訴すれば、過去最大規模となる。

遺族会は、これまでに約1,400人分の訴訟申請があったことを明らかにした上で、「(提訴の)要件を満たすかどうかを選定する作業を進めている」と説明した。大法院の判断から3年で損害賠償の請求権が時効になることなどを踏まえ、5月23日までに提訴する方針だ。

この日遺族会は、日本の植民地支配に直結する不法行為については、時効を適用しないよう求めたほか、強制徴用被害者の一部が全体を代表できる集団訴訟を一時的に認めるべきだと主張した。

元徴用工と遺族の計252人は2013年12月、同遺族会を通じ、賃金や賠償金の支払いを日本の3社に求める訴訟をソウル中央地裁に起こした。この訴訟では、訴状が両国政府を経て日本企業に送達される手続きが滞っており、本格的な審理も遅れている。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/02/24/0400000000AJP20150224001700882.HTML












   <ヽ`∀´> ウリたちは無理やり働かされたニダ!賠償汁!






















【強制動員】日本の協力金を渡せ=遺族、韓国政府を提訴へ

日本の協力金渡せ=遺族、韓国政府を提訴へ [11/03]


旧日本軍に動員された韓国の軍人、軍属の遺族らが3日、韓国政府を相手に、日韓請求権協定で日本から受け取った資金を自分たちに支払うよう求める訴訟を近くソウル中央地裁に起こすと発表した。原告は遺族3人で、1人1億ウォン(約1050万円)の支払いを求めるという。聯合ニュースが報じた。

1965年の日韓請求権協定では、韓国が植民地時代の請求権を放棄する代わりに、日本が無償3億ドル、有償2億ドルの経済協力金を支払った。遺族らは「無償の3億ドルは軍人、軍属への補償金の性格だった。これを基に経済を発展させたのだから、国は今こそ、この金を被害者に返してほしい」と訴えている。

代理人の弁護士は「韓国最高裁は(日本に対する個人の)請求権を認定しているが、日本の裁判所は認めていない」と指摘。「協定を結び、日本に免責の言い分を与えた韓国政府は、被害者に資金の一部を払わねばならない」と主張した。 



ソース:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014110300357







強制動員被害者 韓国政府に請求権資金の返還求め提訴へ [11/03]


日本による植民地時代に軍人や軍属などとして強制動員された韓国人被害者の遺族が韓国政府を相手取り、1965年の韓日請求権協定で日本から無償で受けた資金の返還を求める訴訟を起こす。

軍人・軍属・労務動員被害者でつくるアジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会は3日、会見を開き、1人当たり1億ウォン(約1,050万円)の被害補償金返還訴訟をソウル中央地裁に起こすと明らかにした。原告は軍人・軍属被害者の遺族3人。

遺族会は「韓日請求権協定の調印で日本から援助を受けた資金8億ドルのうち、無償資金3億ドルは軍人・軍属被害者への補償金だった。その資金を基に経済を発展させただけに、国はこれを被害者に返すべきだ」と主張した。

訴訟代理人の法務法人は「日本の裁判所は強制動員の違法性と請求権の効力を認めていない。協定を結び、日本の免責の口実を与えた政府は被害者に一部の資金を返すべき」と指摘した。

日本政府は強制動員被害者の賠償要求に「請求権協定で問題は完全に終結した」との立場を示している。

今回の原告の一部は1991年、強制動員について東京地裁に損害賠償請求訴訟を起こしたが、同地裁は2001年、訴えを棄却。請求権協定で、3億ドルを無償で韓国政府に供与しており、被害補償は韓国政府が責任を持つべきだとした。


20141103izokukai.jpg
会見後、世宗路公園で行われた「太平洋戦争犠牲者全国合同追悼際」




ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/11/03/0400000000AJP20141103002000882.HTML












   <ヽ`皿´> 日帝の金をよこすニダ!















スルガ銀行ANA支店






【強制連行】戦時徴用訴訟で不二越に賠償命令=韓国地裁

戦時徴用訴訟で不二越に賠償命令=韓国地裁 [10/30]


第2次世界大戦中の1940年代に女子勤労挺身隊として朝鮮半島から強制連行され、機械メーカーの不二越(富山市)で労働を強いられた元隊員らが、同社を相手取りソウル中央地裁に起こした損害賠償請求訴訟で勝訴した。


20141030teishintai.jpg
判決後、報道陣の取材に応じる元隊員の韓国人女性ら


ソウル中央地裁は30日、元隊員の韓国人女性13人と死亡した元隊員の遺族18人が不二越に損害賠償の支払いを求めた訴訟で、1人につき8,000万ウォン(約830万円)から1億ウォンを賠償するよう同社に命じる原告一部勝訴の判決を下した。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/10/30/0400000000AJP20141030002000882.HTML











   <ヽ`∀´> マンセー











ビックカメラ.com


マウスコンピューター/G-Tune


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART



【強制連行】不二越株主総会で勤労挺身隊被害者を侮辱 韓国団体が抗議

不二越株主総会で勤労挺身隊被害者を侮辱 韓国団体が抗議 [03/25]


韓国の太平洋戦争被害者補償推進協議会は25日、ソウルの日本大使館前で記者会見を開き、先月開催された日本の機械メーカー不二越(富山市)の株主総会で日本人株主が韓国人株主に対し民族的侮辱を与えたとして謝罪を求めた。


20140325fujikoshi.jpg


同協議会によると、先月19日の不二越の第131期定時株主総会で、株主として出席した金明培(キム・ミョンベ)さんに対し一部の日本人株主が「朝鮮に帰れ」と暴言を浴びせた。

同協議会と太平洋戦争中に日本に強制連行され不二越の工場で労働を強いられた元勤労挺身隊の被害者らは10年以上にわたり同社の株主総会に出席し、強制労働問題の解決を訴えてきた。金さんは被害者の夫で、同社に損害賠償を求めた第2次不二越訴訟の原告だった。

同協議会は日本人株主の暴言について「強制連行被害者に対する攻撃であり侮辱だ」と糾弾し、今回の事態に対する見解を示していない不二越に対し強く抗議した。

また、日本人株主の暴言や日本各地で起きている嫌韓デモは「極右安倍政権の歴史認識が背景にある」とした上で、原告団と共に必ず不二越と日本政府から謝罪と賠償を導き出すと明らかにした。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/03/25/0400000000AJP20140325002600882.HTML











   <#`皿´> ムキーーー ファビョーーーン

















伊勢丹 : ISETAN MEN'S ONLINE SHOP



【強制連行】勤労挺身隊と働いた日本人男性 三菱社長に補償促す

勤労挺身隊と働いた日本人男性 三菱社長に補償促す [05/03]


「強制的に連行されて働かされた、今はおばあさんになった方々が謝罪と補償を貴社に求めている。宮永社長の勇気ある決断で解決策を見いだすことを願っている」――。

1944年に強制動員された朝鮮女子勤労挺身隊の女性らと共に三菱重工名古屋航空機製作所・道徳工場で働いていた村松寿人さん(84)が、三菱重工の宮永俊一新社長に勤労挺身隊問題の解決を訴える手紙を送った。

村松さんは当時の国民学校を卒業後に三菱重工へ入社し、偵察機の製作に従事した。1944年12月、東南海地震で工場が崩壊し、同僚や徴用工、朝鮮女子勤労挺身隊の少女ら約60人が圧死するなどして死ぬのを目の当たりにした。

犠牲者の中に強制連行された12~14歳の朝鮮人の少女6人が含まれており、その遺族や強制動員の被害女性らが謝罪と補償を求める姿を見て、気にかかっていたという。

村松さんは手紙で「工場では、日本に行けば学校に通えて勉強ができると誘われ、日本に連れてこられた朝鮮人の少女たちが働いていた。(職場の先輩の)妹たちは空襲を避けるため農村に疎開していたのに、同年代の朝鮮の少女たちが軍需工場で過酷な労働を強いられていることが全く理解できなかった」と振り返った。

また、謝罪と賠償を求めた元挺身隊と三菱側の交渉が1年半も引き延ばされた末に決裂したこと、三菱側の法的対応、軍閥・財閥が中枢的な役割を果たした戦争に対する責任を国にばかり押し付ける元社長らの発言についても取り上げた。

さらに、戦時中に三菱重工で一緒に勤務した人や同社に勤務した経験のある知人の多くが「三菱は何にこだわって戦後の補償問題にけりをつけずにいるのか。時代の先頭に立つべき巨大企業なのに情けない」と話している、と強調した。

村松さんは「三菱名古屋・朝鮮女子勤労挺身隊の問題は決して小さな問題ではない。三菱重工が未来に恥ずかしくない名誉ある決断をすることを願い、戦時中、戦後にこの会社で汗を流した善意ある勤労国民の声を伝える」と記し、手紙を締めくくった。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2013/05/03/0800000000AJP20130503002200882.HTML











   <ヽ`∀´> 村松は優秀ニダ!















ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


HMVジャパン CD/DVD/Game/グッズ/書籍等



【強制連行】強制動員被害者 新日鉄住金相手に損賠訴訟=韓国

強制動員被害者 新日鉄住金相手に損賠訴訟=韓国 [03/11]


太平洋戦争末期に日本の軍需工場に強制動員された韓国人被害者8人は11日、新日鉄住金を相手取り計8億ウォン(約7,000万円)の損害賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こしたと明らかにした。

原告は戦争当時、国策軍需業者だった日本製鉄(現新日鉄住金)の釜石製鉄所(岩手県)と八幡製鉄所(福岡県)に強制動員された。

原告は「会社は強制動員によって莫大な経済的利益を上げたにもかかわらず、被害者に対する責任を回避し、今も屈指の大企業として残っている」と主張。精神的、肉体的苦痛のほか韓国帰国後の精神的苦痛についても賠償の義務があるとして、1人当たり1億ウォンの支払いを求めた。

韓国では先月、富山市の機械メーカー「不二越」による強制動員被害者13人と被害者の遺族18人が同社を相手取り計17億ウォンの賠償を求める訴訟を同地裁に起こしている。

一方、韓国の大法院(最高裁判所に相当)は昨年5月、三菱重工業や新日本製鉄(現新日鉄住金)の強制動員被害者が起こした損害賠償および賃金請求訴訟について、「韓日請求権協定の解釈において、個人の請求権は消えていない」と判断。原告敗訴の判決を取り消し、高裁に審理を差し戻した。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2013/03/11/0800000000AJP20130311002500882.HTML












   <。´Д⊂  ウリ達は無理やり連れていかれて
        働かされたニダ・・・謝罪して賠償汁!














パート情報


介護福祉士 求人


電話代行<br />



【強制移住】サハリンの永住帰国者 賠償問題で提訴

サハリンの永住帰国者 賠償問題で提訴 [11/24]


日本の植民地時代に今のロシアのサハリンに渡り、1990年代以降韓国に戻った帰国者2,500人余りが、未清算となっている当時の日本の郵便貯金について、韓国政府が日本政府に返還するよう働きかけないのは憲法違反だとして、韓国政府を相手取り、憲法裁判所に訴えを起こしました。





サハリン残留韓国人の問題は、日本の植民地時代におよそ4万人の韓国人がサハリンに強制移住させられたとされ、戦後の冷戦のあおりで故郷への帰還が認められず、これまでに韓国に戻ったのは4,000人足らずとなっています。

このうち2,500人あまりでつくる団体の代表が23日、ソウルで記者会見し、「サハリンでは、炭鉱などで厳しい労働を強いられた。当時の賃金は郵便貯金に入れたままで一銭も受け取っていない」として、韓国政府は返還を求めて日本と積極的に協議すべきだと強調しました。

日本の郵便貯金や簡易保険には、当時の韓国人の賃金およそ1億円が残っているとされ、原告らは物価上昇などを考慮し200億円の賠償を求めるとしています。

韓国の憲法裁判所は、去年8月、植民地時代の旧日本軍従軍慰安婦の賠償請求権について、韓国政府が日本政府に対して何の措置も講じていないことは憲法に反するとの判断を下しています。



ソース:KBS WORLD
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=46110&id=Dm











   <ヽ`∀´> ウリ達は強制移住させられたニダ!
         日帝は現在のレートで郵便貯金を返還汁!












●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング




スルガ銀行ANA支店


懸賞・プレゼントサイト0円.COM


1日1回の懸賞応募でハッピーライフ!懸賞サイトちょっとBOX



【強制徴用】元挺身隊女性、韓国で三菱重工を提訴

強制徴用:元挺身隊女性、韓国で三菱重工を提訴 [10/25]


太平洋戦争中に三菱重工業の工場などで働かされた元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊の女性たちが24日、同社を相手取り損害賠償を求める訴訟を韓国・光州地裁に起こした。

韓国最高裁は今年5月24日、強制徴用被害者らが三菱重工業と新日本製鉄を相手取り起こした損害賠償訴訟で、1965年の韓日請求権協定では個人の賠償請求権は消滅していないとの判断を示した。今回の訴訟はこの判断を受け、韓国国内で初めて提起された損害賠償訴訟となる。


梁錦徳(ヤン・グムドク)さん(83)など元挺身隊の女性と遺族の計5人は24日午前、支援団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)と共にある市民の集まり」や日本の「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」と共に、光州地裁に訴状を提出した。

原告は5人で、賠償請求額は被害者1人当たり1億100万ウォン(約730万円)、計6億600万ウォン(約4,400万円)。


原告の元挺身隊女性が高齢(82-88歳)のため、慰謝料と未払い賃金の支払いを求めた日本での訴訟と違い、慰謝料だけを請求する。訴訟を担当するイ・サンガプ弁護士は「未払い賃金を立証して賠償額を算定するには、資料の入手や通貨価値の換算などが必要となり、訴訟が長引く可能性がある。

裁判を迅速に進め、被害者たちが生きている間に判決が出るよう、精神的苦痛などに対する慰謝料の支払いだけを求めることにした」と説明した。未払い賃金は今後、別の訴訟で請求する計画だという。


強制労働の補償をめぐっては、元挺身隊の女性と遺族ら原告8人が1999年3月、日本政府と三菱重工業を相手取り損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。

だが、一審(2005年)、二審(07年)でいずれも敗れ、08年11月11日に最高裁で敗訴が確定。「勤労挺身隊ハルモニと共にある市民の集まり」は被害者への補償を求め、10年11月から三菱側と16回にわたり協議を行ったが、最終的に決裂した。

これを受け、同団体は今月から、三菱自動車やニコンのカメラ、キリンビールなど三菱グループ製品の不買運動を展開している。

[キム・ソンヒョン記者]



ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/25/2012102501027.html











   <ヽ`皿´> 今度こそ戦犯企業に賠償金を払わせるニダ!










●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング




HMVジャパン


サントリーウエルネスオンライン


電報サービス VERY CARD



【強制徴用】<#`Д´> 三菱側が個人補償を拒否したニダ!

強制徴用:三菱側が個人補償を拒否 [07/10]

16回にわたる交渉、最終的に決裂


植民地時代に徴用の恩恵にあずかった企業の代表格に挙げられる三菱重工業と、勤労挺身(ていしん)隊被害者との間の賠償交渉が、最終的に決裂した。

「勤労挺身隊のおばあさんと共にする市民の会(以下、市民の会)」は9日、光州広域市議会で記者会見を行い「今月6日に名古屋で行った第16回三菱勤労挺身隊被害補償交渉が最終的に決裂した」と発表した。

韓国側のイ・サンガプ弁護士とイ・グクオン「市民の会」事務局長、日本側の内河惠一弁護士など5人からなる「名古屋三菱朝鮮女子勤労挺身隊おばあさん支援団」は、昨年11月から三菱重工側と計16回にわたり交渉を行ってきた。

支援団は、歴史的事実の認定と公式謝罪、未払い賃金・慰謝料の支払い、記念碑の建立などを要求したが、三菱側は最高裁判決を根拠として「個人補償には応じられず、既に日韓請求権協定により国家間で解決した事案」という立場を崩さなかった。

市民の会は9日「三菱は、これまでの交渉で常に高慢な態度を示し、80歳になるおばあさんたちの懇切な訴えにも耳を傾けなかった」と語った。

[キム・ソンヒョン記者]



ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/07/10/2012071000636.html









   <。´Д⊂  三菱は高慢で血も涙もないニダ・・・









●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014) 桜井 誠 (著)

本書は「韓国人の反日妄言に対し、論拠をもって反論するための入門書」です。韓国人は反日思想と捏造歴史で英才教育されてきた「反日民族」であり、日本人に対して道徳的優位に立っていると勘違いし、「日本人には何をしてもいい」と考えています。もしあなたが韓国人から「日本は韓国を植民地支配した!」と、あるいは在日から「我々在日は強制連行の被害者だ!」などと詰め寄られ、謝罪を要求されたら、いったいどうしますか。


★ 韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 黄 文雄 (著)

歴史捏造・拉致犯罪国家には、真実の盾で闘え! 竹島問題、日韓併合・日本統治、経済問題、北朝鮮の主張、朝鮮半島の歴史などについての100問100答を掲載。『WiLL』掲載記事に加筆、編集したもの。


【強制徴用】強制徴用の戦犯企業相手の追加訴訟推進へ

強制徴用の戦犯企業相手の追加訴訟推進へ [06/05]


先月24日、最高裁が日帝による強制徴用に対し、日本企業が損害賠償をするべきだと判決したことを受け、徴用被害者らが積極的に補償を求める動きに出た。

太平洋戦争被害者補償推進協議会(補推協)、民族問題研究所、企業の責任を問う裁判の全国ネットワーク、法律事務所サムイルなどは4日の午前、ソウル市中区貞洞(チュング・チョンドン)のフランチェスコ会館で記者会見し、「強制動員に対する最高裁の判決を受けた今後の計画」について発表し、「違法的な強制徴用を行った日本企業について、韓国裁判所に追加で損害賠償を提訴する」と明らかにした。


補推協は、「新日鉄の場合、3,900人余りの強制動員被害者名簿を確認し、このうち181人に対して直接被害例の調査を実施している。不二越鋼材株式会社に対しては356人の被害者の名簿を確認して12人を調べた」とし、「被害者と遺族に訴訟の意向を問い、2ヵ月内に追加の訴訟を進める」意向を明らかにした。

1927年設立の不二越鋼材は、工業用機械などを生産してきたが、太平洋戦争末期の1944年と1945年に、12~16歳の朝鮮人少女を勤労挺身隊として連れて行き、労役を強制したといわれている。


同日の会見に出席した強制徴用被害者のキム・ジョンジュさん(82・女)は、不二越鋼材に連れて行かれたときの状況について証言する途中、怒りがこみ上げて来るのを堪えきれず涙を流した。

補推協は、「第2次の不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会」「日本製鉄徴用工の裁判を支援する会」など日本の市民団体と連携し、不二越鋼材と新日鉄前で韓日共同の集会も開催した。

中田みつのぶ「日本製鉄徴用工裁判を支援する会」事務総長は、「韓国の最高裁の判決を日本に知らせ、強制連行問題の政治的解決が必要であるという認識を広めていきたい」と言い、今後の活動計画を明らかにした。


一方、同日正午にソウル市鍾路区(チョンノグ)にある政府総合庁舎の裏門では、「日帝強制動員被害者支援財団設立推進非常対策委員会」の主催で「日帝による強制徴用被害者らの補償を実施するための財団を早急に設立せよ」と求める記者会見を開いた。



ソース:東亜日報
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2012060562708










   <ヽ`∀´> ウリも強制徴用された被害者ニダ!










●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 黄 文雄 (著)

歴史捏造・拉致犯罪国家には、真実の盾で闘え! 竹島問題、日韓併合・日本統治、経済問題、北朝鮮の主張、朝鮮半島の歴史などについての100問100答を掲載。『WiLL』掲載記事に加筆、編集したもの。


★ 「反日」という甘えを断て―韓国民に告ぐ!! (祥伝社黄金文庫) 金 文学 (著)

金文学氏は、前著「韓国民に告ぐ!」の出版によって、同胞達から親日派のレッテルを貼られた方である。ご存じの通り、親日派というのは韓国では売国奴の意味を持ち、社会的に抹殺されることを意味する。著者は、前著の出版後、実際に同民族から糾弾や脅迫を受けたのである。
続編となるこの書の内容は、韓国内での病的な反日ナショナリズムの実態を克明に描き出している。まずは韓国人に読まれるべき書であるが、私達日本人にとっても、韓国人を知るために、そして正常な日韓関係構築にあたって考えるための材料として、必読の書であると言える。


【強制徴用】ポスコ100億ウォン出資へ 強制徴用者支援財団に

ポスコ100億ウォン出資へ 強制徴用者支援財団に [05/26]


韓国の大法院が、日本の植民地時代に強制徴用された韓国人の日本企業への損害賠償請求権を有効と判断したことから、1965年の韓日請求権協定で日本による借款の恩恵を受けた韓国の製鉄会社のポスコは、日本に強制徴用された韓国人を支援するための財団設立に100億ウォンを出資する方針を明らかにしました。





今回の訴訟は、強制徴用された韓国人9人が、日本の三菱重工業と新日本製鉄を相手どって損害賠償を求めていたもので、新日本製鉄とポスコは互いに株式を持ち合っています。

ポスコの関係者は26日、韓国政府が主導して設立する強制徴用被害者支援財団に2014年までに100億ウォンを支援する計画を明らかにしました。

韓国政府は、国会が去年、与野党合意で制定した「強制徴用被害者支援特別法」にもとづいて近く支援財団を設立することにしています。

強制徴用被害者らは、1965年の韓日請求権協定によって日本からの支援金の相当額がポスコに渡されたとして、2009年に慰謝料の請求訴訟を起こしましたが、敗訴しています。



ソース:KBS WORLD
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=43837&id=Ec










   <ヽ`皿´> 日帝企業もポスコを見習えニダ!









●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 黄 文雄 (著)

歴史捏造・拉致犯罪国家には、真実の盾で闘え! 竹島問題、日韓併合・日本統治、経済問題、北朝鮮の主張、朝鮮半島の歴史などについての100問100答を掲載。『WiLL』掲載記事に加筆、編集したもの。


★ 反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014) 桜井 誠 (著)

本書は「韓国人の反日妄言に対し、論拠をもって反論するための入門書」です。韓国人は反日思想と捏造歴史で英才教育されてきた「反日民族」であり、日本人に対して道徳的優位に立っていると勘違いし、「日本人には何をしてもいい」と考えています。もしあなたが韓国人から「日本は韓国を植民地支配した!」と、あるいは在日から「我々在日は強制連行の被害者だ!」などと詰め寄られ、謝罪を要求されたら、いったいどうしますか。


【強制連行】日本企業の賠償責任を認定

強制連行:日本企業の賠償責任認定 [05/25]

韓国大法院が判断


日本による植民地支配下で日本に強制徴用されたイ・ビョンモクさん(89)ら9人が三菱重工業と新日本製鉄を相手取り、損害賠償などを求めた裁判で、韓国大法院(最高裁に相当)は24日、個人の賠償請求権は有効で、日本企業に賠償責任があるとする判断を示し、審理を二審に差し戻した。これにより、日本の違法行為による被害者が賠償を受ける道が開かれた。

今回の判決は、提訴した強制徴用の被害者について、現実的に韓国に存在する三菱重工業、新日本製鉄の財産に限り押収できるとしたものだが、日本の違法行為による賠償請求の時効は過ぎていないと判断している点で、大きな波紋を呼びそうだ。


大法院の判決内容は、強制徴用の被害者の未払い賃金などは、1965年の韓日請求権協定で日本から受け取った3億ドルに含まれているとする韓国政府の公式見解とは異なる上、日本の政府・裁判所の立場や判断に完全に反する。

大法院は「請求権交渉の過程で、日本政府は植民地支配の違法性を認めておらず、韓日両国政府は日本による韓半島(朝鮮半島)支配の性格について、合意に至らなかった」と指摘した。


今回の判決で、原告が実際にどれだけの賠償を受けられるかが関心を集めている。

原告9人は三菱重工業、新日本製鉄にそれぞれ1億ウォン(約670万円)を要求している。具体的な賠償額は、差し戻し審を担当するソウル高裁、釜山高裁に判断が委ねられる。ソウル高裁は新日本製鉄、釜山高裁は三菱重工業への賠償請求をそれぞれ担当する。






原告が賠償を獲得するには、現実的には、三菱重工業と新日本製鉄が韓国国内に保有する財産を探し出す必要がある。日本にある財産は、韓国の裁判所の管轄下にはなく、日本の裁判所が既に「賠償責任はない」との判決を下しているためだ。

三菱重工業は、韓国には財産がほとんどないとしているが、新日本製鉄は韓国鉄鋼大手ポスコの株式5%などを保有している。


法曹界では「いかなる形であれ、賠償を受けられるのではないか」との意見が有力だ。特に新日本製鉄の場合は、ポスコの株式を保有しており、仮差し押さえも可能とみられるためだ。原告側弁護士は「三菱重工業や新日本製鉄は、世界的な企業であり、被害者との和解に向け、財団のようなものを創設するのではないか」と期待感を示した。

韓国政府によると、原告のような強制徴用被害者は約14万人いる。このうち、生存者がどれだけいるかははっきりしない。既に死亡した人の場合は、強制徴用を具体的に立証するのが難しく、賠償請求ではかなりの制約を受けることになる見通しだ。

法曹界では、日本で死亡した強制徴用被害者約8,500人に関しては、韓国政府が韓日請求権協定で日本から受け取った資金から、74年に1人当たり30万ウォン(現在のレートで約2万円)が支払われており、今回改めて賠償を受けられるかは不透明とみている。


一方、今回の判決は、従軍慰安婦に対する損害賠償とは別問題と指摘されている。大法院関係者は「法的な争点が異なり、判断基準も違うため、おなじ物差しを適用することはできない」と述べた。従軍慰安婦の場合、企業ではなく、日本政府が訴訟の対象となるため、問題は複雑だ。

[チョ・ウィジュン記者][ソン・ウォンヒョン記者]



ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/05/25/2012052500514.html








「個人の請求権はまだ有効」 韓国大法院 [05/25]


最高裁に当たる大法院は24日、日本の植民地時代に強制徴用された韓国人ら9人が三菱重工業と新日本製鉄に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、個人の請求権は消滅していないとする判断を示し、審理を高等裁判所に差し戻しました。





韓国政府は、強制徴用被害者の損害賠償は1965年の韓日請求権協定の中に含まれているという立場で、今回の判決はこうした政府の立場とは差があります。

政府の関係者は大法院の判決について、「強制徴用被害者については1965年の韓日請求権協定の中に含まれているというのが政府の立場だ。強制徴用被害者の場合、従軍慰安婦被害者や原爆被害者のように政府の外交保護権を適用するのは難しい。大法院の今回の判決は政府の立場とは違う部分があるので、判決文を詳しく分析した上で対応したい」と語りました。

大法院が植民地時代に強制徴用された被害者の個人の請求権はまだ有効だと認める判決を出したことから、今後、日本企業を相手取った訴訟が相次ぐ可能性があります。



ソース:KBS WORLD
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=43823&id=Dm











   <ヽ`∀´> 日帝企業の財産を没収するニダ!









●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014) 桜井 誠 (著)

本書は「韓国人の反日妄言に対し、論拠をもって反論するための入門書」です。韓国人は反日思想と捏造歴史で英才教育されてきた「反日民族」であり、日本人に対して道徳的優位に立っていると勘違いし、「日本人には何をしてもいい」と考えています。もしあなたが韓国人から「日本は韓国を植民地支配した!」と、あるいは在日から「我々在日は強制連行の被害者だ!」などと詰め寄られ、謝罪を要求されたら、いったいどうしますか。


★ 韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 黄 文雄 (著)

歴史捏造・拉致犯罪国家には、真実の盾で闘え! 竹島問題、日韓併合・日本統治、経済問題、北朝鮮の主張、朝鮮半島の歴史などについての100問100答を掲載。『WiLL』掲載記事に加筆、編集したもの。


【強制徴用】23日に公開審理の99円年金問題、元原告が会見

23日に公開審理の99円年金問題、元原告が会見 [06/20]


太平洋戦争中に勤労挺身隊として日本に強制徴用された韓国人女性とその遺族に対し、日本政府が厚生年金の脱退手当として1人当たり99円を支給した問題で、市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は20日、光州市庁前で記者会見を行い、「99円(の決定)が撤回されなければ、韓日政府は共犯だ」と訴えた。

元勤労挺身隊女性7人は昨年9月、日本の厚生労働省が同7月27日に厚生年金脱退手当審査請求を棄却した決定を不服として、同省の社会保険審査会に再審を請求している。23日に再審についての公開審理が行われるのを前に記者会見を行った。

同団体は日本政府が1945年に支給すべきだった元勤労挺身隊女性への厚生年金脱退手当を、2009年に物価上昇分を考慮せず、1人当たり99円を支給したことについて、「1次的な責任は日本政府にあるが、この恥辱的な決定を撤回できないと、韓国政府も共犯だ」と述べた。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/06/20/0200000000AJP20110620001300882.HTML








99円年金手当問題、元挺身隊女性らが再審査請求 [2010/09/26]


太平洋戦争中に勤労挺身隊として日本に強制徴用された韓国人女性とその遺族に対し、日本政府が厚生年金の脱退手当として1人当たり99円を支給した問題で、元勤労挺身隊女性らが再審査を請求した。市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」が26日に明らかにした。

厚生年金脱退手当請求人の元勤労挺身隊女性7人は24日、日本の厚生労働省が7月27日に厚生年金脱退手当審査請求を棄却した決定を不服として、同省の社会保険審査会に再審を請求した。

元勤労挺身隊女性らは「年金脱退手当は強制労働被害者の権利を回復する一環として支払われるべきだが、99円は常識以下の措置だ」とし、少なくとも現在の貨幣価値に換算し損害金を加えて支給するのが最小限の道理だと指摘した。

今回の再審査請求は、「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟弁護団」の内河恵一団長ら7人の弁護士が担当する。

一方、太平洋戦争期間中に韓国人女性らを強制労役に動員した日本の三菱重工業は7月に勤労挺身隊問題解決に関連する協議の場を設けることに同意するとの意志を「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」に伝えており、元勤労挺身隊女性らは同社と補償交渉を推進している。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2010/09/26/0200000000AJP20100926001400882.HTML









   <#`Д´> 日帝も韓国政府もネトウヨニダ!謝罪汁!







     ( ´∀`) ハハハッ・・・

     ( ´_⊃`) バカチョン




●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ シティ・ビジネスホテルを簡単予約。じゃらん。

「じゃらん」は、約20万件の宿泊プランで約17,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。特にレジャー目的は国内最大規模のサイトであり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。ポイント5%還元、宿のクチコミも充実しています。


★ 格安かつポイントもGETのお得出張ホテル予約

全国のホテル・旅館・ペンション・民宿などあらゆる宿泊施設が予約できます。


【強制徴用】2代続けて石綿症、強制徴用の在日韓国人の娘らが日本で訴訟

2代続けて石綿症、強制徴用の在日韓国人の娘らが日本で訴訟 [10/27]


「18才の時に韓国から強制徴用で日本に連れてこられ石綿紡織工場で働いた父が1995年に肺がんで死亡し、母も86年から石綿症で闘病生活を続けている」

大阪の泉南地域に居住する岡田陽子さん(54)は26日、ソウル大学保健大学院で開かれた環境保健市民センター創立記念記者会見で、泉南地域の石綿工場による在日韓国人らの被害実態を明らかにした。


岡田さん自身も2006年に石綿症が悪化し看護士の仕事を辞めている。石綿症は肺に入った石綿により肺機能障害を起こす職業病で、症状が悪化すると悪性中皮腫や肺がんにつながる。


岡田さんは車輪が付いた小さなかばんの中から酸素タンクにつながったホースを鼻につけたまま話を続けた。岡田さんは、「母が幼い私を連れて工場に通ったため私も石綿症になったようだ」と話した。

松島加奈さん(66)は、「金海(キムヘ)出身の母方の祖父が母を日本に置いて韓国に帰ったために10才の時から30年余りにわたって石綿工場で仕事をしなければならなかった。石綿工場では石綿の粉じんが雪のように降っていた」とつたない韓国語で涙声で話した。


泉南地域の被害者らは日本政府を相手取り損害賠償請求訴訟を進めており、5月に30人で構成される原告第1陣が1審で勝訴した。しかし日本政府の控訴により現在大阪高等裁判所で裁判が進行中だ。

泉南石綿被害市民会代表の柚岡一禎さん(68)は「大阪でも貧しい人が集まっている泉南には大小の石綿工場300軒が集まっていた。労働者の90%以上が貧しい韓国人だった」と明らかにした。

柚岡代表は「日本政府が1937年に当時としては最新のエックス線装備を導入して大々的な実態調査を実施しながら結果を隠してきた事実が明らかになり責任を問うもの」とし、「まだ石綿被害者が全部で何人なのかは正確に把握できていない」と述べた。

この日発足した環境保健市民センターの白道明(ペク・ドミョン)共同代表(ソウル大保健大学院教授)は、「誤った韓日関係を正そうとするならば、在日同胞の石綿被害実態を正確に明らかし賠償されなければならない」と話した。



ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=134294&servcode=400§code=400










   <#`Д´> ウリたちは強制徴用された被害者ニダ!
         日帝は金をよこせニダ!






       ( ´∀`) 強制徴用された人は帰国したはずですが・・・

       ( ´_⊃`) ウッタエル セイフ ガ チガイマスヨ。

       ( ´∀`) それに石綿症と日韓関係は別問題です。










★ ブロードバンドプロバイダ料金比較

日本最大級の価格比較サイト「価格.com」のブロードバンド比較コンテンツです。わかりにくいADSLや光ファイバーの料金を月額平均で一覧表示。プロバイダ選びや情報検索に非常に便利なサイトです。各プロバイダへ即お申込ができる上に、価格.comからの申込だけの特典・割引も多数!お得なブロードバンド生活はここから始まります。


★ 反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014) 桜井 誠 (著)

本書は「韓国人の反日妄言に対し、論拠をもって反論するための入門書」です。韓国人は反日思想と捏造歴史で英才教育されてきた「反日民族」であり、日本人に対して道徳的優位に立っていると勘違いし、「日本人には何をしてもいい」と考えています。もしあなたが韓国人から「日本は韓国を植民地支配した!」と、あるいは在日から「我々在日は強制連行の被害者だ!」などと詰め寄られ、謝罪を要求されたら、いったいどうしますか。

ほのぼの韓国ニュース


ブログ王

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



※このサイトはリンクフリーです。
PR
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
ショッピング
天気予報
おすすめ本
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
竹林はるか遠く
日本人少女ヨーコの
戦争体験記


よくわかる慰安婦問題
よくわかる慰安婦問題


韓国人に教えたい 日本と韓国の本当の歴史
韓国人に教えたい
日本と韓国の本当の歴史


虚言と虚飾の国・韓国
虚言と虚飾の国・韓国


朝鮮紀行~英国婦人の見た李朝末期
朝鮮紀行~
英国婦人の見た李朝末期


悪韓論
悪韓論


韓国男性に恋してはいけない36の理由
韓国男性に恋してはいけない
36の理由


トガニ: 幼き瞳の告発
トガニ: 幼き瞳の告発


捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国
捏造、剽窃、なりすましで
嗤われる韓国


息抜きゲーム









月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
おすすめフリーソフト
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Dropbox クラウドサービス2GBまで無料で利用できます

gigafile

クイックメール

Ubuntu
Ubuntu wiki
Fedora
Fedora wiki
Vine Linux
Vine Linux wiki
プロフィール

nekopanchi

Author:nekopanchi
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR