FC2ブログ

【ポシンタン(補身湯)】

ポシンタン(補身湯)

ポシンタン(補身湯)とは、朝鮮料理のひとつで犬鍋とも言う。犬肉に香草・唐辛子などをベースにしたスープ。韓国では、夏場にスタミナ料理として食べられることが多い。




ポシンタン(以下:ウイキペディアより)

ポシンタン(補身湯)とは犬の肉を使用した朝鮮半島の料理で、言葉通りに体に栄養を補うスープを意味している。もとの名はケジャンクク(개장국、ケは犬を、ジャンククは辛味のスープを意味)で、犬肉の代わりに牛肉を入れて似たように煮込むスープ料理のユッケジャン(육개장、牛肉のケジャンククを意味)のケジャンは、これが語源である。1980年代序盤、犬の食用を禁じた当局の取り締まりを避けるため、よく知られていた補身湯という名称を伏せるために作られた名称にヨンヤンタン(栄養湯)、サチョルタン(四節湯)などがある。これらはいずれも韓国での呼び名で、韓国においては犬肉を野菜とともに煮込んだスープが出されるが、北朝鮮では犬肉を「タンコギ」(단고기、「甘い肉」の意)と呼び、缶詰が売られている。

犬の肉には蛋白質と不飽和脂肪酸が多く含まれており、手術後の患者や栄養不足の人に滋養効果が高いといわれる。また最近は精力剤、肌美容としての効果を期待して食べることもある。韓国でも犬肉を毎日食べ続けている訳ではなく、三伏に滋養食として食べる場合が多い。

朝鮮において犬の肉は伝統的な料理の一つであるが、犬の肉を食べる文化の稀である日本や欧米では理解されず、また犬を屠殺する前に苦痛を与えるほど肉の味が良くなるとする俗説に従って、凄惨な虐待などを施した後に殺して調理するなどの事情もあり、「野蛮」であるとして批判された。これらの事情から、ソウルオリンピックの際にはこれを扱う食堂は表通りから一掃された。 ただ、看板をハングル表記のみにすればポシンタンの店だとは外国人にはわからないため、そのようにして営業をする店もあったという。 また、減っていた店舗数も、ソウルオリンピック閉幕後は戻ったという。

これらの影響もあり、一時はこの食文化を恥であるとして、表立って提供するのをはばかる場面もみられた。その後は、韓国国内では歴史的食文化を感情的理由で非難することについての批判が高まり、韓国の経済発展などで「朝鮮文化を見直す、世界に広く知らしめる」などと主張するナショナリズムの隆盛もあり、規制は現在行われていない。一方で、欧米の動物愛護思想の影響を受けた犬食反対団体が韓国内にも出来るようになった。

なお、若い世代には、犬の肉を食べることには抵抗のある者がいる。また、犬の肉は匂いが強いと考えられていたり、中年男性が精力剤として食べるものと言う者がいる。しかしながら老若男女を問わず、年間200万頭もの犬肉を消費しているという調査結果もある


関連記事

AFPBB News ソウルの犬料理店、初の食品安全検査へ(2008/04/14)

中央日報 犬肉、年間200万頭・1兆4000億ウォンを消費(2006/10/24)

犬の屠殺写真

関連動画

IAKA - Dog Hung and Tortured in South Korea

犬食文化の韓国 食用犬市場の隠し撮り映像








★ 韓国は日本人がつくった (WAC BUNKO) 黄 文雄 (著)

さまざまな要因・理由がいくつも複合的に絡み合っている韓国人の嫌日・反日感情の最大の理由であり、彼らが日本攻撃の際に必ず引き合いに出す「歴史認識」問題に迫る。
「日帝三六年」がなければいまの韓国はなかった。歴史を学ぶべきは韓国である。

スポンサーサイト



【人糞酒(トンスル)】

人糞酒(トンスル)

人糞酒『トンスル』とは韓国伝統のお酒で焼酎を入れた竹筒を“くみ取り式便所”からロープで排泄物タンク(便壷)に入れ、人糞に漬けるというもの。人糞が豊富に含まれており健康に良いとされる。長時間漬ければ漬けるほど良い『トンスル』ができるとされているが、そのあたりの製法は地方や個々の家によって違うという。現在でも韓国の田舎のほうではよく愛飲されているようである。


トンスル


トンスル(以下:ウイキペディアより)

トンスル(똥술)は、韓国において人、犬、鶏の糞を漬け込んだ薬用酒。トンスルとは韓国語で「うんこ酒」という意味。


概要

トンスルは、打撲時や腰痛、骨治療に効くとされ、薬として飲用された。竹筒に小さな穴を開け、松葉できっちり穴を塞ぎ、便所に入れておき、3~4ヶ月経つと、竹筒の中に清い液が溜まるので、それをマッコリと混ぜて熟成させると、味も香りも問題なく、骨治療に効いたという。しかし時間がかかるため、急ぎの場合は直接に酒と大便を混ぜて3日程度で飲む場合もあったが、急造されたトンスルは薬としての効果は弱く、非常に臭いがきつく飲みづらいという。『東医宝鑑』によると、白狗屎(백구시)=白犬の糞(흰개똥)を焼いて、酒に入れて飲めば、出来物、積聚、瘀血に効くという。1970年代までは、病気治癒の民間療法としてトンスルは利用されていた。


糞を薬とする歴史

糞は、古来から漢方薬として用いられてきた。鶏糞酒は、唐代の『千金要方』にも記載がある。鶏糞は、鶏矢醴又は鶏屎白散と呼ばれる漢方薬で、漢方の古典『黄帝内経』や漢代の『金匱要略』にも処方が記載されている。このほか、漢方薬として、ムササビの糞(五霊脂)、コウモリの糞(夜明砂)、野ウサギの糞(望月砂)、すずめの糞(白丁香)、カイコの糞(蚕砂)などが用いられている。明代の『本草綱目』にも、黄龍湯(zh:黃龍湯)、糞清、人中黄と呼ばれる、糞を漢方薬にしたものが記されている。また、日本では、古来からウグイスの糞を美白やにきびの治療薬(塗り薬)として使用してきた(これらは、効果が科学的に証明されている)。朝鮮半島では薬が珍しく貧しかった時代、治療のために土を塗ったり、小便を飲んだり、大便を食べたりした。李氏朝鮮時代の王たちの疾病と治療法を研究したソウル大大学院医学科の金正善によると、中宗は解熱剤として「野人乾」(人糞)の水を飲んだという。







★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

【嘗糞(しょうふん)】

嘗糞(しょうふん)

嘗糞(しょうふん)とは、人間の糞を舐めて、その味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調が悪化していると判断する、古代中国や朝鮮半島の李氏朝鮮時代まで行われた民間療法。儒教では孝行の一種とされている。こうした風習は朝鮮時代まで続き、日韓併合後に禁止された。


嘗糞(しょうふん)


嘗糞(しょうふん)(以下:ウイキペディアより)

嘗糞(しょうふん、상분)とは、人間の大便を舐めて、その味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調が悪化していると判断する、古代中国や朝鮮半島の李氏朝鮮時代まで行われたという診断法。

中国の南北朝時代や唐代の説話集『二十四孝』や『日記説話』によれば、南斉時代に庾黔婁と言う役人が不安に襲われて急遽帰郷すると父親が病気になっいて、医者に糞を嘗めて見ないと状態が解らないと言われ、実際に糞を嘗めてみた結果、その味が甘かったので憂いたとされ、これが儒教における孝行の一種「嘗糞憂心」の説話となった。この説話は李氏朝鮮の王、世宗が編纂を命じた儒教的な教訓を纏めた書『三綱行実図』にも孝行の一つとして取り挙げられた。

また、嘗糞は「お世辞の言葉」としても使われ、お世辞の度が過ぎる輩の事を「嘗糞之徒」と言う。これは、中国の春秋時代に勾践が呉王の糞を嘗めて病気がじきに治ると言ったという『呉越春秋』「勾践入臣外伝」の故事に基づく。


朝鮮での嘗糞の実際

6年以上父母の糞を嘗めつづけ看病し病気を治した親行息子の話などの記録があり、指を切って血を飲ませる「指詰め供養」(断指)や内股の肉を切って捧げる「割股供養」などと共に、親に対する最高の孝行の一つとされた。また朝鮮王の中宗も解熱剤として人糞を水で溶いたものを飲んでいたという。


嘗糞憂心


20世紀に入っても人間の大便を民間医術に使用する例があり、『最近朝鮮事情』には重病人に大便を食わせる例が載せられている。また『朝鮮風俗集』には人中黄(冬期に竹筒に人糞と甘草を交ぜ地中に埋め、夏期に取り出し乾燥させて粉末にしたもの)と言う民間薬が載っている。






★ 朝鮮紀行 (講談社学術文庫) イザベラ・バ-ド (著), 時岡 敬子 (翻訳)

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

ほのぼの韓国ニュース


ブログ王

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



※このサイトはリンクフリーです。
PR
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
ショッピング
天気予報
おすすめ本
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
竹林はるか遠く
日本人少女ヨーコの
戦争体験記


よくわかる慰安婦問題
よくわかる慰安婦問題


韓国人に教えたい 日本と韓国の本当の歴史
韓国人に教えたい
日本と韓国の本当の歴史


虚言と虚飾の国・韓国
虚言と虚飾の国・韓国


朝鮮紀行~英国婦人の見た李朝末期
朝鮮紀行~
英国婦人の見た李朝末期


悪韓論
悪韓論


韓国男性に恋してはいけない36の理由
韓国男性に恋してはいけない
36の理由


トガニ: 幼き瞳の告発
トガニ: 幼き瞳の告発


捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国
捏造、剽窃、なりすましで
嗤われる韓国


息抜きゲーム









月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
おすすめフリーソフト
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Dropbox クラウドサービス2GBまで無料で利用できます

gigafile

クイックメール

Ubuntu
Ubuntu wiki
Fedora
Fedora wiki
Vine Linux
Vine Linux wiki
プロフィール

nekopanchi

Author:nekopanchi
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR