【判決】電気が流れる鉄串で犬を屠殺…2審も無罪

電気が流れる鉄串で犬を屠殺…2審も無罪 [09/28]


ソウル高裁刑事2部(部長判事イ・サンジュ)は28日、動物保護法違反の疑いで起訴されたイ某(65)被告に原審と同じ無罪を宣告した。


20170928saiban.jpg


裁判所は「残忍な方法とは、動物が体験する恐怖、ストレスなど、より多くの苦痛を感じることが認められる方法で、厳格に限定して解釈しなければならない」とし「検察が提出した証拠だけで、イ被告が残忍な方法で犬を殺したとは断定し難い」と判断した。

また「電気が流れる鉄串で感電させる屠殺方法は、関連法令が定めた電殺法(動物の頭に電流が流れるようにして気絶させたり殺す方法)の一種だ」とし、関連法令の遵守事項を履行しなかったという検察の主張は受け入れなかった。

イ被告は、2011年から2016年7月まで、京畿道(キョンギド)の農場で、電気が流れる鉄串で感電させるいわゆる"電殺法"で、年間30匹余りの犬を屠殺した疑いで起訴された。

1審は、犬を食用にする現実を考慮すると、イ被告が使った"電殺法"が動物保護法上で残忍な方法に該当しておらず、他の動物の屠殺方法と比較した時、残忍な方法で屠殺したとは認めにくいとして無罪を宣告した。



ソース:東亜日報
http://news.donga.com/List/SocietyEvent/3/0306/20170928/86574963/1












   <*`∀´> 食べるためなのだから当然無罪ニダよ。






















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほのぼの韓国ニュース


ブログ王

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



※このサイトはリンクフリーです。
PR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
ショッピング
天気予報
おすすめ本
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
竹林はるか遠く
日本人少女ヨーコの
戦争体験記


よくわかる慰安婦問題
よくわかる慰安婦問題


韓国人に教えたい 日本と韓国の本当の歴史
韓国人に教えたい
日本と韓国の本当の歴史


虚言と虚飾の国・韓国
虚言と虚飾の国・韓国


朝鮮紀行~英国婦人の見た李朝末期
朝鮮紀行~
英国婦人の見た李朝末期


悪韓論
悪韓論


韓国男性に恋してはいけない36の理由
韓国男性に恋してはいけない
36の理由


トガニ: 幼き瞳の告発
トガニ: 幼き瞳の告発


捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国
捏造、剽窃、なりすましで
嗤われる韓国


息抜きゲーム









月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
おすすめフリーソフト
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Dropbox クラウドサービス2GBまで無料で利用できます

gigafile

クイックメール

Ubuntu
Ubuntu wiki
Fedora
Fedora wiki
Vine Linux
Vine Linux wiki
プロフィール

nekopanchi

Author:nekopanchi
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR