FC2ブログ

【学校】障害児に教師が性的暴行、実話映画化の波紋

障害児に教師が性的暴行、実話映画化の波紋 [09/27]


2004年12月の冷たい風が吹き渡る夜、光州市光山区三巨洞にある聴覚障害者向けの特殊学校「インファ学校」で、校長(62)が13歳の女子生徒を校長室に招き入れた。少女は手を振り払おうとしたが、大人の力には抵抗しきれなかった。少女は聴覚障害4級だった。生徒を教育すべき立場にある校長は、少女の服を強引にはぎ取った。

同校では校長だけでなく、行政室長、寄宿舎の生活指導担当教師らが 2000年から、言葉が不自由な生徒に対し無差別に性的暴行を加えており、被害生徒は約10人に上る。こうした実態を見かねた職員が05年6月、障害者性暴力相談所に事実を暴露した。その後、相談所から通報を受けた警察は直ちに捜査に着手した。



▲2007年11月、光州インファ学校性暴力対策委員会は加害者の
処罰を訴え、光州広域市庁前の道路で三歩進んではひざまずく
「三歩一拝」のデモを行った。/写真=キム・ヨングン記者 



■教職員10人が関与か

同年11月には、行政室長(58)と生活指導担当教師(36)が性的暴行の疑いで逮捕された。行政室長は学校創立者の次男で、校長は創立者の長男だった。兄弟が学校の要職に就き、生徒を自身の性的なおもちゃとしてもてあそんだわけだ。

05年7月、26の市民団体で構成された「インファ学校性暴力対策委員会」が発足し、加害者の処罰を要求する活動を開始した。性暴力対策委は、同校を運営する社会福祉法人「ウソク」の役員解任を求め、光山区庁前で242日間にわたり、泊まり込みの抗議活動を繰り広げたが、成果は得られなかった。

行政室長と生活担当教師は06年8月、控訴審でそれぞれ懲役1年、2年の判決を受け服役したが、処罰としては軽いものだった。行政室長は00年から04年にかけ、同校に在籍する7‐20歳の聴覚障害者6人に常習的に性的暴行を加えたり、性的嫌がらせを繰り返していた。しかし、生徒の保護者を懐柔し、一部容疑を免れた。

その後、国家人権委員会が実態調査に乗り出したところ、同校で教職員10人以上が犯行に関与していたという証言が相次いだ。生徒に堂々と「1回だけしよう」と性行為を求めた教師もいたという。当時18歳だった女子生徒は、12歳のころから学校で性的暴行を受けていたという。しかし、女子生徒の父親は聴覚障害2級、母親は知的障害1級だったため、教師が娘に性的暴行を加えるのを防ぐことができなかった。


■処罰は4人のみ

人権委は06年8月、校長とリハビリテーション担当教師(60)ら教職員6人を性的暴行、性的嫌がらせの容疑で警察に告発した。既に処罰を受けた行政室長、生活指導教師を含んでおり、新たに告発されたのは4人だった。

生徒らは校長に対する厳罰を要求した。07年5月には、生徒が出勤してきた校長に卵や小麦粉を投げつけ、怒りをあらわにした。しかし、入院した校長は逆に生徒らを暴行の疑いで告訴した。

一審で校長は懲役5年、リハビリ担当教師は懲役10年の判決を受けたが、08年7月の二審で執行猶予となり釈放された。前科がなく、被害者と和解したという理由だった。法律を知らず、訴訟に疲れた被害者の保護者が上告を断念したのだ。

インファ学校性暴力対策委は「司法が『持てる者』の側に立ち、やるせなかった」と語った。執行猶予で釈放された校長は、09年9月にすい臓がんで死亡した。

人権委が告発した6人のうち、実際に司法処理されたのは4人だった。生徒に性的嫌がらせを加えた行政室職員と教師(45)は、公訴時効で処罰を免れた。その後、行政室職員は学校を離れたが、教師は08年1月に復職し、今でも同校に勤務している。


■実話小説が映画化

しばらく市民に忘れ去られていた事件は、09年6月に再び注目を浴びることになった。作家の孔枝泳(コン・ジヨン)さんが実話を題材にした小説『るつぼ』を著したのがきっかけだった。それから2年3カ月の歳月を経て、小説は同じ題名で映画化され、事件をめぐる論争が爆発的に広まった。今月22日の封切り以降、映画は人気を集め、インターネット上では「事件を再捜査すべきだ」という声が高まっている。

大手ポータルサイト、ネイバーに開設された公式サイトの掲示板には、26日現在で約1400人から加害者の処罰を求める書き込みが寄せられた。児童に対する性犯罪の公訴時効を廃止するための法律制定を求める意見も相次いだ。インファ学校性暴力対策委は同サイトに「社会福祉法人ウソクは性的暴力事件について謝罪し、再発防止策を提示せよ」と求める声明を掲載した。

対策委は25日、大手ポータルサイトのダウムの掲示板サイト「アゴラ」で事件の再調査を求める署名運動を開始し、2日間で2万2000人以上の署名が集まった。対策委は来月20日までに5万人の署名を集めることを目標にしている。

ネットユーザーからは「残忍な人間だ。再捜査しよう」「子を持つ母親としてこんなことがあってはならないと思う」「正しい社会を実現するには、罪を犯した人にはその代価を支払わせなければならない」といった書き込みが相次いだ。

光山区庁社会福祉課には、全国各地から事件の再調査を求める抗議の電話が1日に20件以上寄せられている。


■一事不再理の原則が壁

しかし、事件の再捜査を行うのは事実上困難だ。光州市で活動するキム・ジョンホ弁護士は「期待以下の判決が出たとしても、一度判決が下された事件を再び捜査することはできないとする『一事不再理の原則』に従い、再捜査は不可能だ」と指摘した。

社会福祉法人ウソクは依然として学校運営を行っており、今年7月には、学校名の変更を市教育庁に申請した。インファ学校性暴力対策委のパク・チャンドン執行委員長は「学校名をロンダリングする行為だ」と批判し、復職した教師を学校から追放すべきだと主張した。



▲教職員が聴覚障害児に性的暴行を加えた「光州インファ学校性的暴行事件」の
実話を描いた小説を映画化した『るつぼ』の人気に伴い、事件を再調査すべきだ
という世論が高まっている。写真は映画の一場面。 / 写真提供=CJE&M 


[チョ・ホンボク記者]



ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/news/20110927000040








   <ヽ`∀´> 実話はたくさんあるのでシリーズ化できるニダ!







●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ 会員なら大人300円割引!ユナイテッド・シネマ

事前にチケットが購入できるから混雑時でもスピーディー。鑑賞当日はゆっくり過ごせます。


★ ワーナー・マイカルのオンラインチケット 【e席リザーブ】

パソコンから映画チケットを予約購入頂けるオンラインチケットサービス「e席リザーブ」をご利用頂けます。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ほのぼの韓国ニュース


ブログ王

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



※このサイトはリンクフリーです。
PR
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
ショッピング
天気予報
おすすめ本
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
竹林はるか遠く
日本人少女ヨーコの
戦争体験記


よくわかる慰安婦問題
よくわかる慰安婦問題


韓国人に教えたい 日本と韓国の本当の歴史
韓国人に教えたい
日本と韓国の本当の歴史


虚言と虚飾の国・韓国
虚言と虚飾の国・韓国


朝鮮紀行~英国婦人の見た李朝末期
朝鮮紀行~
英国婦人の見た李朝末期


悪韓論
悪韓論


韓国男性に恋してはいけない36の理由
韓国男性に恋してはいけない
36の理由


トガニ: 幼き瞳の告発
トガニ: 幼き瞳の告発


捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国
捏造、剽窃、なりすましで
嗤われる韓国


息抜きゲーム









月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
おすすめフリーソフト
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Dropbox クラウドサービス2GBまで無料で利用できます

gigafile

クイックメール

Ubuntu
Ubuntu wiki
Fedora
Fedora wiki
Vine Linux
Vine Linux wiki
プロフィール

nekopanchi

Author:nekopanchi
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR