FC2ブログ

【テクノロジー】「次の韓流はロボット演劇」 イタリアに進出した韓国技術

「次の韓流はロボット演劇」 イタリアに進出した韓国技術 [11/0]


韓国で開発されたロボット演劇がイタリアに進出した。 国内ロボット会社ロボットエバー(株)のロボット演劇団「ロボラマ」がその主人公だ。9月に伊ペッチョリで3回公演したのに続き、今年末まで科学舘や展示会で50回以上の公演が予定されている。 来年からはイタリア全国を回りながら公演する計画だ。





ペッチョリでの公演は高い評価を受けた。 公演は約40分間行われた。 演劇の前にロボットがドラムを演奏する。演劇後には子犬ロボット3-4台が登場し、音楽に合わせて踊りながら公演を締めくくる。

ロボット演劇はロボット俳優4台と人間の俳優1人が一緒に行う。ロボットは身長30-50センチで、言葉も話し、ダンスもする。

ストーリーは「オズの魔法使い」を脚色して制作した。演劇の題は「ドロシーの冒険」。シナリオは地球が致命的な環境災害で荒廃化した状況を背景に展開される。

人々はロボットの友人を残したまま月に避難する。 科学者はまだ自分がロボットになったことを知らない少女「ドロシー」を地球に送る。 地球に到着したドロシーは3人のロボットの友人「ライゴン」「アイアン」「スティックマン」に会い、友情を深めていく。

ロボラマ公演の舞台はそれ自体が一つの大型ロボットだ。 組立式の劇場は大きさを調節でき、中央の舞台が両側に動くなど、ロボットが登場しやすく特殊設計した。

ロボラマは09年、仁川(インチョン)世界都市祝典ロボットサイエンス未来館に初めて登場した。 当時、ロボットとドラマを結びつけることで、ロボットの硬いイメージを文化コンテンツに新たに誕生させたという評価を受けた。

ロボラマのイタリア進出は、イタリアのSSSAバイオロボット研究所の子会社テクノディール(株)を通して実現した。ロボットエバーのキム・チャングン社長は「ヨーロッパには操り人形劇の職人が多いが、今後ロボットドラマも一つのジャンルとして定着させたい」と語った。 キム社長は「ロボラマ」商標権を韓国だけでなくヨーロッパや中国など各国に登録した。



ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/326/145326.html?servcode=300§code=330








   <ヽ`∀´> 誇らしいニダ~ ホルホル・・・







●読んだらクリックしてニャ
ブログランキング



★ バンダイチャンネル配信中の無料動画一覧

アニメ・動画を視聴するなら、アニメ動画配信サービスのバンダイチャンネル。
まずは無料動画をみてみよう!その数なんと1,900本以上!!


★ アニメイトオンラインショップ

アニメのことならアニメイト!アニメのものなら何でも揃うアニメ専門店です。
コミック、キャラクターグッズ、DVD・CD、ゲーム、アニメイトでしか手に入らない限定版商品やオリジナル特典など、幅広く取り揃えております。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ほのぼの韓国ニュース


ブログ王

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



※このサイトはリンクフリーです。
PR
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
ショッピング
天気予報
おすすめ本
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
竹林はるか遠く
日本人少女ヨーコの
戦争体験記


よくわかる慰安婦問題
よくわかる慰安婦問題


韓国人に教えたい 日本と韓国の本当の歴史
韓国人に教えたい
日本と韓国の本当の歴史


虚言と虚飾の国・韓国
虚言と虚飾の国・韓国


朝鮮紀行~英国婦人の見た李朝末期
朝鮮紀行~
英国婦人の見た李朝末期


悪韓論
悪韓論


韓国男性に恋してはいけない36の理由
韓国男性に恋してはいけない
36の理由


トガニ: 幼き瞳の告発
トガニ: 幼き瞳の告発


捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国
捏造、剽窃、なりすましで
嗤われる韓国


息抜きゲーム









月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
おすすめフリーソフト
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Dropbox クラウドサービス2GBまで無料で利用できます

gigafile

クイックメール

Ubuntu
Ubuntu wiki
Fedora
Fedora wiki
Vine Linux
Vine Linux wiki
プロフィール

nekopanchi

Author:nekopanchi
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR