FC2ブログ

【経済】韓国ロッテ会長の逮捕状発布 28日に決定

韓国ロッテ会長の逮捕状発布 28日に決定 [09/26]


ロッテグループの不正疑惑を捜査しているソウル中央地検は26日、500億ウォン(45億4,200万円)台の横領と1,250億ウォン台の背任の容疑で、グループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の次男で韓国ロッテグループ会長の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)氏に対する逮捕状を裁判所に請求した。


20160926lotte.jpg
辛東彬・韓国ロッテグループ会長


容疑の内容や罪質などから、身柄を拘束して取り調べるしかないと判断したもようだ。

検察は辛東彬氏が創業者一族を韓国または日本のグループ会社の役員にして、何の仕事もしていないにもかかわらず、巨額の給与を支給したことが特定経済犯罪加重処罰法上の横領にあたると判断した。

検察は辛東彬氏が兄の辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)氏に400億ウォン台、辛格浩氏の内縁の妻、徐美敬(ソ・ミギョン)氏とその娘に100億ウォン台、計500億ウォン台の給与を不当に支給したことを確認した。

また、辛東彬氏は徐氏が運営するロッテシネマ内の店舗などへの発注をめぐり、グループ企業に770億ウォン台の損失を負わせた疑いもある。

ただ、ロッテ建設の300億ウォン台の裏金づくりなどに関する疑惑をめぐっては辛東彬氏の関与を示す手がかりを確保できなかった。

検察関係者によると、創業者一族の背任・横領に関わる金額は約1,300億ウォンに上り、これまでに財閥の不正で摘発された金額としては最高額になるという。

裁判所は28日午前10時半に行われる被疑者審問(勾留質問)を経て辛東彬氏への逮捕状の発布を決定する。

辛東彬氏は20日に被疑者として地検に出頭し、18時間にわたり聴取を受けたが、これらの疑いのほとんどを否認したため裁判所では攻防が予想される。

検察はまた、数千億ウォン台の贈与税脱税が疑われている辛格浩氏と徐氏、辛東主氏について在宅起訴する方針を固めた。

韓国財界5位のロッテグループは創業者一族4人が一度に裁判にかけられるという不名誉な事態になりそうだ。

徐氏は現在、日本に滞在中で検察の出頭要請に応じていない。このため検察は徐氏のパスポートを無効にするための手続きを始めた。 パスポートが無効になった状態で日本に滞在すれば不法滞在となり国外退去を命じられるため、事実上、強制入国のための事前措置となる。

検察は徐氏に対する聴取が難しい場合、すぐに裁判を行う方向で検討している。

ロッテ側は辛東彬氏に対する逮捕状が請求されたことについて「残念だ。被疑者審問に誠実に臨み、裁判所の賢明な判断を待ちたい」とするコメントを発表した。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/09/26/0800000000AJP20160926003400882.HTML












   <ヽ`皿´> ウリを誰だと思ってるニカ!





















【経済】ロッテ創業者の辛格浩総括会長 検察が事情聴取

ロッテ創業者の辛格浩総括会長 検察が事情聴取 [09/10]


ロッテグループの不正疑惑を捜査している検察は、創業者の辛格浩(シン・ギョクホ)総括会長=日本名、重光武雄(93)を、脱税などの疑いで事情聴取しました。


20160910lotte.jpg


ソウル中央地方検察庁は、辛格浩総括会長の高齢や健康状態を考慮してソウルにある辛格浩総括会長の執務室に検事と捜査官を派遣し、8日と9日の2日間、2時間ずつ事情を聴きました。

辛格浩総括会長には、自身が保有するロッテ・ホールディングスの株式の一部を、事実婚関係にあるソ・ミギョンさん(57)の親子らに贈与した際、贈与税など数千億ウォンを脱税したほか、ソ・ミギョンさんが経営する会社に仕事を集中的に発注し、関連会社におよそ780億ウォンの損失を与えた疑いがもたれています。

調べに対して辛格浩総括会長は、これらの容疑を否認したということです。

検察は、今回の事情聴取をもとに辛格浩総括会長を起訴する方針ですが、高齢や健康状態を考慮して在宅起訴にする可能性が高いものとみられています。



ソース:KBS WORLD
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?lang=j&id=Dm&No=60678¤t_page=












   <;`∀´> 何のことだかわからないニダよ・・・






















【テクノロジー】サムスン「ギャラクシーノート7」販売中止に リコール実施

サムスン「ギャラクシーノート7」販売中止に リコール実施 [09/02]


サムスン電子は2日、ソウル市内で記者会見を開き、先月発売した大画面スマートフォンの新製品「ギャラクシーノート7」のバッテリーに欠陥があったことについて謝罪し、リコール(無料の回収・修理)を実施すると発表した。サムスンがスマートフォンのリコールを決めたのは初めて。


20160902samsung.jpg


同製品をめぐっては、充電中にバッテリーから発火したとの報告が相次いだ。インターネットを通じ、充電中に発火があったと報告されたのは7台。サムスンは問題となった端末を回収し、原因を調べてきた。

高東真(コ・ドンジン)無線事業部長(社長)は会見で、「9月1日現在、国内外で35件がサービスセンターを通じて(不具合が)受け付けられた。100万台中24台が不良水準」と説明。「分析した結果、バッテリーのセルが原因と確認された」と明らかにした。

販売済みの製品と在庫を合わせた数は約150万台とされる。同製品のバッテリーの不良率は0.0024%となる。事業者への販売台数まで合わせると、同製品の総販売台数は250万台に達する。

高氏は「消費者の安全を最優先に考えて販売を中止し、購入時期と関係なく、(購入した端末を)新製品に交換することを決めた」と述べた。資材の需給と製品準備には2週間程度がかかると予想されるという。

社内ではバッテリーの交換のみの実施を求める声もあったが、経営陣が消費者の信頼回復のため、世界市場で全品をリコールすることは不可避との意向を強く示したもようだ。

サムスンは先月2日、米ニューヨークで同製品を公開した。虹彩認証や防水・防塵機能などを搭載し、話題を呼んだ。

先月19日に韓国や米国など世界約10ヵ国・地域で販売を開始し、2週間で約100万台が販売される好調を見せた。需要が予想を上回り、供給に支障が生じたこともある。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2016/09/02/0500000000AJP20160902004500882.HTML













   <*`∀´> 中国製の新品に交換するので安心していいニダよ。























【テクノロジー】サムスン電子「ギャラクシーノート7」爆発相次ぎ納入中止

サムスン電子「ギャラクシーノート7」爆発相次ぎ納入中止 [09/01]


サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」が充電中に爆発したとの通報が相次ぎ、同社が韓国の通信キャリア3社に対する同機種の供給を一時中断したことが31日までに分かった。ノート7は8月19日に発売され、予約販売だけで約40万台が売れるなど好調な滑り出しを見せたが、バッテリー爆発という「暗礁」に乗り上げた格好だ。


20160901samsung.jpg


最初に爆発が伝えられたのは24日のことだった。韓国のインターネット掲示板に「ノート7が充電中に爆発した」との書き込みが焼け焦げた本体の写真付きで投稿された。29日には動画投稿サイト「ユーチューブ」にも米国のユーザーが爆発したノート7の動画を投稿した。最近1週間で国内外で6件の爆発が伝えられたことを受け、サムスン電子は爆発したとみられる商品の一部を回収し調べている。

インターネットに掲載された問題の写真は左側が上下に長く焼け焦げている点が共通している。バッテリーが搭載されている位置に当たる。爆発を経験したという消費者は大半が「充電中」または「充電ケーブルを抜いた際」に爆発したと話しており、充電過程で問題が生じたとみられている。

まだ正確な原因は判明していないが、理論的には2つの可能性が指摘されている。第一にバッテリー本体の不良だ。製造過程で異物が混入すれば、陽極材料と陰極材料を分離する薄い膜が損傷し、爆発する可能性がある。第二に充電過程での問題だ。バッテリーに異常な兆候が見られる場合、自動で電源が切れる装置が搭載されているが、それが正常に作動しなかった可能性だ。

バッテリー業界関係者は「ノート7に採用された高速充電は一般充電に比べ熱が発生しやすく、バッテリーに物理的な圧力が加わる。その過程で問題が生じた可能性もある」と話した。

サムスン電子は「ノート7の品質点検に向け、追加的な検査を進めており、供給が遅れている。バッテリーが爆発したかどうか速やかに調査を終え、結果を公表したい」と説明した。





[パク・スンチャン記者]



ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/01/2016090100656.html












   く ;`Д´> 捏造ニダ!






















【経済】「薄くてまずい」と不評の韓国ビールは生まれ変われる?政府が対策へ=韓国ネット「水を飲んでいるのかと錯覚する」「日本のビールを見習って!」

「薄くてまずい」と不評の韓国ビールは生まれ変われる?政府が対策へ=韓国ネット「水を飲んでいるのかと錯覚する」「日本のビールを見習って!」[08/29]


2016年8月25日、韓国・YTNによると、輸入ビールに押されている韓国産ビールの競争力を強化するため、韓国政府が対策に乗り出した。


20160829beer.jpg


韓国ビール業界2位のハイト真露は、上半期の売り上げが昨年より10.4%も減少した。業界1位のOBビールは正確な売り上げを公表していないが、業界は「同企業の売り上げは下がっていないとみられるが、それは主力商品である『CASS』の価格引き上げのうわさが出回り、買い占めが起こったため」と話している。

韓国の1人当たりのビール消費量は増加傾向にあるにもかかわらず、韓国のビールメーカーの売り上げが減少している原因は、外国産ビールの輸入が増加しているため。

昨年の外国産ビールの輸入量は17万トンで、2009年に比べて約4倍に増加した。「多様化する消費者の味覚に国内のビールが追いついていない」との指摘を受け、韓国政府はビール産業の競争力を高める方案を検討している。

韓国のビール市場は典型的な寡占構造。1位のOBビールが56%、2位のハイト真露が37%を占有している。そのため、外国産ビールの追撃を受けても、韓国のビールメーカーは新製品を開発しようとせず、むしろ外国産ビールを輸入して販売するという楽な方法を選択するという。

韓国政府は現在、1年間に生産できるビールの最大容量を300キロリットルから1,000キロリットルにまで増やし、多様な国産ビールを市場に流通できるようにする方案を検討中。また、出庫価格以下で販売できないというビールの価格規制も緩和する方針だ。

韓国の公正取引委員会は間もなくビール産業の改善策を発表して業界の意見をまとめた後、関係省庁に制度の改善を要請する。「味が薄くてまずい」との批判を受けてきた韓国産ビールが、種類豊富なおいしいビールに生まれ変わるきっかけとなるかが注目されている。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。


「韓国産ビールは焼酎と割って飲む時用。それ以上でもそれ以下でもない」

「水を飲んでいるのかと錯覚してしまう時がある」

「韓国のビールは麦茶に炭酸を入れた感じ?」

「韓国産ビールに期待するのはもうやめた」

「日本のビールを見習って!日本にはビールメーカーがたくさんあり、ビールの種類も豊富。各メーカーが努力を重ねているからおいしいビールができるんだ」

「ドイツ人を社長に任命しよう」

「北朝鮮のビールの方がおいしいらしい」

「韓国はビールも牛乳も全て水道水の味がする…」

「今のままでいいから価格を下げてほしい」

「お酒が得意じゃない人には飲みやすいと評判だよ?」

「ついに韓国政府が動いた!優秀な外国産ビールのおかげだ」

[翻訳・編集/堂本]



ソース:Record China
http://www.recordchina.co.jp/a148596.html












   <ヽ`∀´> 水割りビールなのだから薄いのは当然ニダ!






















【経済】三星電子の時価総額 トヨタ抜いて世界24位

三星電子の時価総額 トヨタ抜いて世界24位 [08/19]


18日の韓国株式市場で過去最高値をつけた三星電子の時価総額は、2,098億8,000万ドルとなり、世界で24番目となりました。


20160819samsung.jpg


経済・金融情報の配信を手がけるブルームバーグが18日明らかにしたものです。

昨年末の時点では1,575億ドルで、37位でした。

三星電子は、今年に入ってから株価が30%以上上昇し、日本で1位、世界27位のトヨタ自動車の時価総額、1,972億ドルを上回りました。

トヨタ自動車の株価は、円高が進み、輸出への影響が懸念されることなどから、今年に入ってから20%下落しています。

時価総額世界1位は、アメリカのアップルで、5,882億ドルとなっています。



ソース:KBS WORLD
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=60412&id=Ec












   <ヽ`∀´> 誇らしいニダ! マンセー






















【経済】ロッテ創業者、545億円脱税か=愛人らに株譲渡

ロッテ創業者、545億円脱税か=愛人らに株譲渡―韓国紙 [08/05]


ロッテ創業者、重光武雄(韓国名・辛格浩)氏に脱税疑惑が浮上している。ソウル中央地検は、重光氏が日本の中核会社、ロッテホールディングス(HD)の株式6%を愛人らに譲渡した際、贈与税など約6,000億ウォン(約545億円)を脱税した疑いがあることを把握した。5日付の中央日報など複数の韓国メディアが伝えた。

同紙などによれば、重光氏は、米国、香港などに実体のないペーパーカンパニーを設立し、これらの会社を通じて、愛人やその娘に対し、HD株を譲り渡した疑いがあるという。


20160806lotte.jpg




ソース:JIJI.COM
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080500182&g=int

ニューシス
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160805_0014268984&cID=10203&pID=10200












   く ;`Д´> 捏造ニダ!






















【経済】サムスン電子会長に買春疑惑 女性に金を渡す動画 ネットメディア公開 脅迫目的か

サムスン電子会長に買春疑惑 女性に金を渡す動画 ネットメディア公開 脅迫目的か [07/22]


韓国の最大財閥、サムスンの事実上のトップである李健煕(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が自宅などで買春をしていた疑いのある動画映像が、韓国のネットメディアにより報じられ、波紋を広げている。

動画を報じたのはニュースサイトの「ニュース打破」。21日に公開されたこの動画には、李会長とみられる男性が若い女性に金を渡す様子や、性的関係を思わせる会話が含まれている。映像は現場にいた女性が撮影したものとみられ、ニュース打破は今年4月、匿名の人物から映像ファイルなどを入手した。

映像は2011年~13年に複数回にわたり撮影され、信憑性を調べた結果、合成や偽造の証拠は見つからなかったとしている。さらに、取材の結果、撮影現場が李会長の自宅であることも判明したという。


ニュース打破は、映像がサムソンから金を脅し取ろうという意図で撮影されたようだと伝えており、取材に対し、サムスン側は「(李会長の)私生活のこと」と困惑しているという。

韓国の警察当局はニュース打破に問題映像の提供を求め、協力の意思が確認されれば、脅迫容疑などで捜査する構えだという。

[名村隆寛]



ソース:産経新聞
http://www.sankei.com/world/news/160722/wor1607220046-n1.html












   <;`∀´> 買春ではなく介護ニダよ。

        っ





















【経済】ロッテ創業者と次男を出国禁止に=韓国検察

ロッテ創業者と次男を出国禁止に=韓国検察 [07/08]


韓国ロッテグループの裏金をめぐる疑惑を捜査している韓国の検察が、グループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏と格浩氏の次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)グループ会長を出国禁止にしたことが8日、分かった。

両氏は数千億ウォンの横領・背任や裏金づくり、不公正取引などが疑われており、出国禁止措置で検察の捜査に弾みがつくとみられる。


20160708lotte.jpg
出社する辛東彬グループ会長


検察は先月10日にロッテグループ各社の家宅捜索を実施し、グループ政策本部の副会長や運営室長ら側近と主要グループ会社の代表を出国禁止にした。格浩氏と東彬氏の自宅や事務所も捜索したものの、グループ総帥の企業活動を保障するという趣旨で出国禁止の対象にはしなかった。

しかし、ソウル中央地検の担当チームはこのほど格浩氏と東彬氏を出国禁止にした。これに対し、両氏の容疑を固めるような手掛かりや物的証拠を確保したためではないかとの見方が出ている。

検察は複数のグループ会社から両氏へそれぞれ毎月300億ウォン(約26億円)の不審な資金の流れがあることを把握。資金管理の担当者はその名目を給与や配当金と説明したが、検察は正常でない資金が含まれている可能性を念頭に資金の流れをたどってきた。

海外事業ではグループ会社を介在させる不当な取引を指示した疑惑が持たれている。たとえばロッテケミカルが海外から石油化学製品の原料を輸入する際、日本のロッテ物産を取引の当事者に見せかけ、不当な利得を得た疑いがある。

中国やロシア、ベトナムへの投資で、タックスヘイブン(租税回避地)に設立したペーパーカンパニーを通じ裏金をつくったとする疑惑もある。

検察内外では、先に出国禁止にした側近らの取り調べを終えてから、遅くとも8月中に格浩氏と東彬氏を呼び出すことになるという見方が有力だ。

一方、検察は前日に格浩氏の長女の辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ奨学財団理事長を、ロッテ免税店とロッテ百貨店内への化粧品メーカー出店の見返りの受け取りと横領の容疑で逮捕した。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/07/08/0800000000AJP20160708001200882.HTML













   く ;`Д´> 陰謀ニダ!























【経済】ロッテ長女シン・ヨンジャを拘束…オーナー一族から初めて

ロッテ長女シン・ヨンジャを拘束…オーナー一族から初めて [07/07]


ロッテグループの長女シン・ヨンジャ(74)ロッテ奨学財団理事長が7日、拘束された。


20160707shin.jpg


検察が、ロッテグループ不正疑惑に対する全方向捜査を始めて以来、初めてのオーナー一族の拘束者だ。

前日、シン理事長に対する拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を引き受けたソウル中央地裁チョ・イヨン令状専門担当部長判事は「犯罪事実が疎明されて、拘束の理由と必要性が認められる」として拘束令状を発行した。

先立って、この事件を捜査中であるソウル中央地検防衛事業捜査部(部長検事パク・チャンホ)は、シン理事長に対して背任収賄および特定の経済犯罪加重処罰などに関する法律上の横領と背任の疑いで去る4日、事前拘束令状を請求した。

シン理事長は2012年以後、ロッテ免税店・デパートの入店および売り場位置便宜の名目で30億ウォン台の裏金を受け取り、40億ウォン台の会社資金を横領した疑いを受けている。

シン理事長は、チョン・ウンホ(51・拘束起訴)前ネイチャーリパブリック代表からロッテ免税店に入店する店舗数を増やし、既存の売り場面積を拡張してほしいという請託と共にB社を通じて10億ウォン台の金品を収受したことが分かった。

検察は、B社のイ某代表からB社の実際の所有主がシン理事長という陳述も確保した。

シン理事長は、ネイチャーリパブリックの他、別の化粧品メーカーからも億台の金品を受け取った疑いがある。また、ロッテ百貨店のレストラン入店と関連し、すし専門店運営会社G社から10億ウォン台の金品を受けた疑いもある。

シン理事長は、三人の娘を息子の会社であるB社登記役員に名前を載せたり、従業員のようにして40億ウォン台の会社資金を引き出した疑いだ。

B社は、有名ブランド製品の販売代理店として、シン理事長の長男であるチャン某氏が持分100%を有している。チャン氏は体調が悪く、事実上シン理事長がB社を運営していることが分かった。

検察は、捜査が始まって以後、B社の証拠隠滅過程にシン理事長が介入したという状況もつかんで、拘束の必要理由を記載して補強捜査を行うことにした。

シン理事長は、検察の調査で関連の容疑一切を否認したことが分かった。

一方、ソウル中央地検ロッテ捜査チームは、去る5日午前、大興(テホン)企画のA子会社と取引先2ヶ所など合計3ヶ所に対して家宅捜索を行った。

検察は、大興(テホン)企画の捜査過程で、受領した資金の流れを発見し、子会社と取引先に対する家宅捜索を行ったものだ。

検察関係者は「容疑を摘発したわけではなく、取引関係に対する確認次元」と話した。

検察は、大興(テホン)企画が、これら業者を利用して秘密資金を作ったのかどうかなどを調査する予定である。

ロッテ広告企画会社である大興(テホン)企画は、ロッテ情報通信などと共にロッテ系列会社に仕事を集めたという疑いなどを受けている。



ソース:ニューシス
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160706_0014201845&cID=10203&pID=10200











   く ;`Д´> 全て捏造ニダ!






















【経済】ロッテ創業者長女の逮捕状請求 背任収財や横領容疑など

ロッテ創業者長女の逮捕状請求 背任収財や横領容疑など [07/04]


韓国ロッテグループの不正資金疑惑を捜査しているソウル中央地検は4日、ロッテ創業者の辛格浩(シンギョクホ、日本名・重光武雄)氏の長女、辛英子(シンヨンジャ)・ロッテ奨学財団理事長について、背任収財や横領などの疑いで逮捕状を請求した。

地検は不正資金の流れを把握するため、日本のロッテグループの企業も調べる必要があると判断。日本政府への捜査協力要請の手続きに着手した。

地検関係者によると、辛英子氏はロッテ免税店への出店に関連し、業者から便宜を図るよう頼まれて不正に30億ウォン(約2億7千万円)を受け取った疑い。自身が実質的に運営する会社から資金40億ウォン(約3億6千万円)を横領した疑いもあるという。

創業者の次男で韓国ロッテグループ会長と日本のロッテホールディングス(HD)副会長を務める辛東彬(シンドンビン)(日本名・重光昭夫)氏は3日、韓国に戻った。空港で記者団に対し、「ご心配をおかけして申し訳ない」と述べた。地検は今後、創業者一家について調べを本格化させ、辛東彬氏も捜査するとみられる。

[ソウル=東岡徹]



ソース:朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ7456RJJ74UHBI01T.html












   く ;`Д´> 差別ニダ! 他の連中もやってるニダ!














<ロッテ不正資金捜査>免税店入店の見返りに15億ウォン…辛総括会長の長女が出頭 [07/02]


ロッテ免税店・ロッテ百貨店への入店に関連して企業側から裏金を受けた容疑で辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ奨学財団理事長(74、辛格浩総括会長の長女)が1日、検察庁に出頭した。

先月に始まったロッテグループに対する検察の捜査で辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)総括会長(95)の家族が召喚されたのは初めて。


20160702shin.jpg


ソウル中央地検はこの日、辛理事長を容疑者として呼んで調査した。辛理事長はチョン・ウンホ前ネイチャーリパブリック代表(51)からロッテ免税店への入店および売り場の位置に関する請託を受け、2012年から昨年にかけて約15億ウォン(約1億3,500万円)を受け取った疑い。辛理事長は一時、ロッテの免税店事業部を総括していた。



ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/768/217768.html?servcode=300§code=300













   く ;`Д´> 陰謀ニダ!























【経済】ロッテ創業家の「不審なカネ」確認 裏金疑惑で=韓国検察

ロッテ創業家の「不審なカネ」確認 裏金疑惑で=韓国検察 [06/13]


韓国ロッテグループの裏金をめぐる疑惑を捜査中のソウル中央地検は13日までに、グループ創業者、辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏と格浩氏の次男、辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)グループ会長がつくった300億ウォン(約27億円)台の不審な資金の存在を確認した。検察は重要書類も確保したとされる。


20160613lotte.jpg
ソウルのロッテホテル


ソウル中央地検は同日、格浩氏の資金管理を担当する人物の関係先から格浩氏が隠したとみられる現金約30億ウォンと書類の束を発見した。現金と書類は、格浩氏がソウル・小公洞のロッテホテル34階にある自身の執務室内の金庫で保管していたとみられる。

検察が今月10日に行ったロッテグループに対する家宅捜査では、この金庫の中は空だったとされていた。

検察はまた、ロッテホテル33階の秘書室から創業家の資金の入出金記録が記された資料や通帳などを押収した。

検察は系列会社を通じ格浩氏が100億ウォン台、東彬氏が200億ウォン台、計300億ウォン台の不審な資金をつくり、これを使用していた事実も確認した。

ロッテの財産管理担当者は検察に対し、こうした資金について「配当金や給与の意味合いの金」と主張しているが、検察は額が大きいことから裏金である可能性が高いとみて、資金の流れを調査している。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2016/06/13/0500000000AJP20160613003300882.HTML












   く ;`Д´> 捏造ニダ!






















【テクノロジー】テスラCEO「バッテリーはパナソニックだけ」…供給説サムスンSDIの株価8%急落

テスラCEO「バッテリーはパナソニックだけ」…供給説サムスンSDIの株価8%急落 [06/09]


米電気自動車会社テスラが日本のパナソニックにのみ電気自動車バッテリー独占供給権を与える方針を明らかにした。日本経済新聞など一部が提起したサムスンSDIのバッテリー供給説に正面から反論したのだ。

テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は8日午後、ツイッターで「テスラモデル3のバッテリーについてパナソニックとのみ協業していることを明確にしておきたい」と伝えた。また「他の電気自動車のモデルSとモデルXのバッテリーも同じ」とし「これとは異なる主張をする記事はすべて事実でない」と説明した。

日本経済新聞は5日、サムスンSDIの電気自動車バッテリーが最近、米カリフォルニア州にあるテスラ開発拠点に到着したと伝え、採択される可能性があると報じた。これまでテスラの電気自動車用バッテリーはパナソニックがほぼ独占供給してきたため、業界の注目度が大きかった。供給の可能性に対する期待感からサムスンSDIの株価は7日、6.28%上昇した11万8,500ウォンとなった。

しかしマスクCEOが立場を明らかにした8日、サムスンSDI株は前営業日比8.02%下落した10万9,000ウォンで取引を終えた。一方、この日の東京証券市場でパナソニック株は前営業日比4.77%上昇した990.1円となった。

[韓経]



ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/685/216685.html?servcode=300§code=320&cloc=jp|main|top_news












   <ヽ`皿´> ファビョーーーーーーーーーーン






















【IT】ウイルスにさらされたスマホ…日本は5,100台、韓国は…

ウイルスにさらされたスマホ…日本は5,100台、韓国は… [06/05]


韓国でモバイルウイルスに露出したアンドロイドスマートフォンが毎年急増している。

360セキュリティは、1~3月期に韓国をはじめとする世界のモバイルウイルス探知現況を分析した結果、モバイル悪性コードが侵入を試みたスマートフォンが1日平均160万台を超えたとこのほど明らかにした。

今回の結果はモバイルワクチンアプリケーションの360セキュリティが国別にアンドロイドスマートフォンに侵入を試みた悪性コードの数を国別に集計したもの。

アンドロイドモバイル機器を狙ったウイルスの危険性は持続的に増加する傾向だ。

360セキュリティのアプリが1~3月期に探知したウイルスの数を基準に見ると、調査対象150ヵ国で使われているアンドロイドスマートフォン15台中1台に当たる6.7%が毎日ウイルスにさらされていると調査された。

モバイル悪性コード探知件数が最も多かった国はインドで、1~3月期に1日平均26万台以上のアンドロイドスマートフォンがウイルスの攻撃にさらされていた。

米国は1日平均7万2,000台、日本は1日平均5,100台以上のスマートフォンがウイルス侵入にさらされたと分析された。

韓国は1日平均4万2,000台のアンドロイドスマートフォンでモバイルウイルスが探知された。昨年10~12月期に調査された1日平均9,608台に比べ437%増加した。これは調査対象国で8位に当たる数値だ。



ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/527/216527.html?servcode=400§code=400&cloc=jp|main|top_news












   <ヽ`∀´> 日帝より多いニダ!マンセー






















【経済】社説:ロッテ・オーナー一族による衝撃的な入店不正

社説:ロッテ・オーナー一族による衝撃的な入店不正 [06/04]


辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏(94)の長女・辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ福祉・奨学財団理事長(74)が化粧品会社「NATURE REPUBLIC」チョン・ウンホ代表側から免税店入店に関して20億ウォン(約1億8000万円)台の裏金を受け取った容疑で検察の捜査を受けている。

ソウル中央地検防衛事業捜査部は、ホテルロッテ免税事業部と辛英子理事長が大株主になっているS社と自宅を家宅捜索し、同理事長と長男を出国禁止措置にした。


捜査結果が出るまでは分からないが、韓国1位の流通企業グループのオーナー一族をめぐり、このような不正疑惑が浮上したということ自体が衝撃的だ。辛英子理事長に対する容疑が事実なら、ロッテグループ・オーナー一族の道徳性に大きな傷を残す事件になる。

これまでに表面化した流通分野の不正は、主に雇われ社長や社員によるものだった。だが、辛英子理事長は財界第5位の企業グループ一族の長女だ。同理事長はロッテショッピング社長やホテルロッテ免税店部門の社長を務め、一時は「流通業界のゴッドマザー」とも呼ばれた。

2012年に弟の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)韓国ロッテグループ会長が前面に出てきたため経営の第一線からは退いたが、免税店事業を行うホテルロッテに登記上の取締役としてとどまっている。屈指の流通企業府ループのオーナー一族が直接、納品不正に関与したという容疑を持たれるのは尋常ではない。

免税店やデパート、ショッピングモールといった小売業者は、納品業者に対し絶対的に優位な立場にある。納品業者としては、どんな場所に入店するかに命運が懸かっているため、良い場所を抑えようと競争が激しくなる。この過程で不正なカネが行き来する事件がときどき発覚する。

2年前にはロッテホームショッピングの前社長・現社長・役員らが複数の納品業者から20億ウォンを受け取った容疑で実刑判決を受けた。特にロッテ免税店は中国人観光客の増加により「金の卵を産むガチョウ」になっているため、入店のためのロビー活動もいっそう激しさを増していることだろう。

検察は、家宅捜索の過程で、辛英子理事長の長男が所有する会社がコンピューターサーバーを交換し、関連文書を破棄するなど、組織的な証拠隠滅を行っていたことも確認したと発表した。

そうでなくともロッテグループは、系列会社のロッテホームショッピングが再承認申請書の記載漏れで6カ月間にわたりプライムタイムの営業停止を命じられるという重い懲戒処分を受け、信頼性に傷が付いた。謹慎し、国民の許しを求めたとしてもまだ足りないのに、証拠隠滅までして自ら事態を悪化させるとは何事だろうか。



ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/04/2016060400400.html












   く ;`Д´> 捏造ニダ!






















【経済】コンビニで中国人旅行者による売り上げが大幅増加

コンビニで中国人旅行者による売り上げが大幅増加 [05/27]


デパートや免税店に続き、コンビニでも、中国からの旅行者による売り上げが大幅に伸びています。


20160527keizai.jpg


コンビニ大手、CUとGS25によると、今年1月から4月までの売上高をみますと、去年の同じ期間に比べた伸び率は10%を下回っていますが、中国人による売り上げは、50%ほど増えたということです。

中国人が最も多く購入した商品は、二日酔い解消ドリンクで、次いで、アルコール飲料を含めた飲料、おつまみ類の順でした。

中国人旅行者の利用が多い、ソウル市のホテル周辺にあるコンビニでは、冷たい飲み物を好まず、赤色が好きな中国人の好みに合わせて、ぬるい飲み物や赤いパッケージの商品を並べるなど、中国からの旅行者をターゲットにした売り場作りに力を入れています。



ソース:KBS WORLD
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=59383&id=Ec












   <ヽ`∀´> 真っ赤なキムチと常温のトンスルドリンクを揃えるニダ!






















【経済】日帝時代に命脈途切れた…朝鮮伝統酒600種を復元

日帝時代に命脈途切れた…朝鮮伝統酒600種を復元 [05/20]


韓国内の伝統酒は朝鮮時代だけで数百種類に及ぶほど繁盛していた。しかし日帝治下に入って酒が課税対象になり、「文化抹殺政策」によって朝鮮総督府が醸造場を統廃合しながら伝統主義の命脈が急激に途切れた。忘れられていく伝統酒文化を生き返らせるための行事が19日、ソウル南山谷(ナムサンゴル)の韓屋村(ハノクマウル)で開かれた。

韓国伝統食研究所が農林畜産食品部と手を組んで開いた「第9回伝統酒と伝統料理の出会い祭り」だ。伝統酒の種類が最も多様だった朝鮮時代の居酒屋を再現し、伝統酒ソムリエである奏香師選抜大会も行った。


20160520dentousyu.jpg


◆朝鮮末に全盛期迎えた伝統酒

日本の「古事記」が醸造法を日本に伝えた百済人の仁番の記録を書いているほど国内伝統主義の歴史は深い。穀物を麹で発酵させた穀酒やコメだけで醸した清酒を主に飲んでいた先祖が、モンゴルから蒸留法が伝えられた高麗時代から焼酎も楽しんでいたと伝えられている。

朝鮮時代は伝統酒が最も多様だった時期だ。家ごとに酒を直接醸造して飲む「家醸酒」文化が発達したおかげだ。地方や一族の銘酒もこの時に登場した。ソウルの春酒(チュンジュ)、平壌(ピョンヤン)の碧香酒(ピョクヤンジュ)、全羅北道金堤(チョンラブクド・キムジェ)の清明酒(チョンミョンジュ)、忠清南道(チュンチョンナム道)の素麹酒(ソゴクジュ)が特に有名だった。朝鮮時代後期には伝統酒の種類だけで600種余りに達した。

華やかだった国内の伝統酒文化は日帝時代に命脈が断絶した。1907年に朝鮮総督府が酒税令を出して国内の歴史上初めで酒が課税対象になった。酒の製造が免許制に変わり家庭で酒を醸造する行為も禁止された。家や地域ごとにあった代表的な醸造場を大挙統廃合したのもこの時だ。薬酒、どぶろく、焼酎のほかには製造できないようにした。

朝鮮末に6つの家で1つの酒を醸造していた家醸酒文化が1930年に至っては完全に消えた。光復(解放)と6・25韓国戦争(朝鮮戦争)を体験した後、伝統主義の位置づけはさらに狭まった。1965年には政府が糧穀保護措置としてコメで酒を醸造することを全面禁止した。代わりに小麦粉マッコリや希釈式の焼酎が普及した。


◆伝統酒文化復活の動き

政府は1994年と2000年それぞれ薬酒とどぶろく供給区域を制限した制度を廃止した。例えば抱川(ポチョン)で製造した「抱川マッコリ」をその地域だけで流通するようにした制度をなくしたことだ。過当競争を防ぐために作った制度だったが、国内の伝統酒市場が縮小しながら実効性がなくなった。

今年初めに政府は16年ぶりに再び伝統酒文化活性化のため関連法令を緩和した。ビールに限定していた小規模酒類製造免許の対象にどぶろく・洋酒・清酒を追加した。これまでは醸造場のつけ込み・保存容器がどぶろく・薬酒は5キロリットル以上、清酒は12.2キロリットル以上の場合にだけ伝統酒を製造できた。今は1キロリットル以上5キロリットル未満の保存容器を保有すれば小規模酒類製造免許を受けることができる。小規模酒類製造免許を取得すれば飲食店で売ったり、ビンに入れて外部販売したりできる。

この日、韓屋村では国税庁職員の酒類免許取得に関するコンサルティングや創業説明会などが開かれた。ユン・スクチャ韓国伝統食研究所長は「今回の行事をきっかけに伝統酒文化が再び活性化することを期待する」と話した。 ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。



ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/923/215923.html?servcode=300§code=320&cloc=jp|article|ichioshi












   <*`∀´> いろんな動物の糞でトンスルを作ったニダよ。






















【経済】一風堂ラーメンが韓国から突然撤退した理由

一風堂ラーメンが韓国から突然撤退した理由 [05/14]


2011年から韓国・ソウルで3店舗を展開していた一風堂(力の源カンパニー)が今年2月末日、すべての店舗でのれんを下ろした。


20160514ramen.jpg


「大げさだけど、一風堂のラーメンを食べることが異国にいる励みになっていたのに……。まさか一風堂が全部なくなるなんて思ってもいなかった」(30代、日本人ソウル駐在員)と、予期すらしていなかった撤収に、在韓日本人はもとより、一風堂ファンの韓国人の間で「なぜ?」「どうして?」と戸惑いと衝撃が走った。


■ 本場の味を提供していた一風堂


一風堂といえば、言わずと知れた豚骨ラーメンの雄だ。

1985年、九州・博多にカウンターわずか10席からスタートして以来、日本のラーメン界を牽引し、今や国内で94店舗、海外でも2008年のニューヨークを皮切りに12カ国・地域に52店舗を擁するグローバル企業でもある。

そんな一風堂がニューヨーク、シンガポールに続いて進出したのが韓国だった。韓国の総合複合企業のエギョングループ(以下、AKグループ。財閥50位圏内)とライセンス契約を結び、2011年5月、ソウルきっての流行スポット江南に1階はラーメンダイニング、2階はバーという瀟洒(しょうしゃ)な作りの第1号店を華々しくオープンさせ、「毎日行列ができていた」(近くにあるブティック店員)ほどの人気店に。同年末には2号店、翌年には3号店も同地域にオープン。2014年には20~30代が集まる大学街などに進出するという報道も流れ、このまま順調に店舗数を伸ばしていくものとみられていた。

韓国での和食人気はかつての「(和食)もどき」から「本場の味志向」へと移り変わっている。そんな背景からも、本場の味を提供していた一風堂の「撤収」は思いもよらないものだった。

閉店した一風堂のドアには、韓国語では「やむを得ない事情」、日本語では「ライセンス契約終了」と店を畳んだ理由が記された紙が一枚、寂しく貼り出されていた。

どうして閉店してしまったのか。一風堂の広報は、「閉店はライセンス契約満了に伴うもの」と説明する。「あくまでもAKグループとの契約終了に伴うビジネス判断からです。今回は離れましたが、AKグループとは今でも友好な関係を保っています」とのこと。AKグループ側からも似たような説明が返ってきた。

しかし、外食業界に詳しい韓国の記者はこう解説する。「外国の有名ブランド店と契約した際、その味を保つことは大前提ですが、ほかにもそのブランド店らしさを保つために店舗デザインからインテリア、スタッフの教育まで相当な経費がかかります。一風堂も人気はありましたが、(AKグループ側にとって)ライセンス料がやはり相当負担になったと言われています。その分利益が出ていたかというとそうではなかったようで、ブランド価格を押してまでの経営には至らなかったというのが大筋の見方です」


■ ソウルの店には魂が感じられなかった

これはなにも一風堂だけではない。韓国で展開する日本の某チェーン店も、スタッフ教育など人件費のレイバーコストなどがかさんでいるものの、それに見合った利益は上がらず、店舗数を減らしたりしている。「いつ畳んでもおかしくない」とささやかれている。

九州に行けば必ず一風堂のラーメンを食べ、時間ができれば日本に行き、日本の味を探索する日本通として、また、韓国随一のイタリアンシェフとしてその名を知られる朴チャンイル氏は、一風堂の閉店は意外ではなかったと話す。

「私は一風堂のラーメンが好きで福岡には15年くらい前から通っていますが、ソウルの店には日本の一風堂にある匠の精神、アニマ=魂が感じられなかった。味はね、悪くなかったんですよ。でも、店のインテリアは凝っていて洗練されているんだけれども、一風堂らしさがなくて、そのせいか味も違うように感じられてね。なんとなく寂しかったですよ。残念です」

朴シェフの言葉には思い当たることがあった。韓国に進出している日本の某チェーン店に行った時のことだ。味は日本で食べた時と違いはなくおいしかったが、スタッフの動きや乱れたままの椅子やテーブルなどを目にしてひどく落胆して以来、そこには足が向かない。そのブランドの食を楽しむというのは味と店が醸し出す雰囲気などが「調和」してはじめて「ブランド」になるものなのだろう。

韓国外食産業研究所の慎奉撥(シン・ボンギュ)所長は一風堂の韓国からの撤収をこう分析する。

「一風堂の撤退はさまざまな見方ができますが、まず挙げられるのが価格でしょう。韓国人が好きなジャジャンミョン(ジャージャー麺)やカルグクス(うどん)の価格帯は4000~7000ウォンですが、一風堂のラーメンは8000ウォンと高めで、特にラーメン好きの若い人にとっては価格に負担があった。

そして、本格的なラーメンというのは韓国の人にとって親しみがなかったこと。わざわざ足を運んで食べるもので日常的なものではなかった点です。そして、外食産業は、企業が運営するにはレイバーコストが高くついて、経費はかさんでも利益が出なければ、苦しいですよね」

加えて、食文化の変化として韓国で年々、高まっている健康志向の流れを挙げた。

「脂っこいものを避ける傾向にありますから、豚骨スープに負担を感じたこともあったでしょう。それに、数年前からの韓国料理を世界に広めるという政策とも相まって野菜がふんだんに使われる韓国料理が見直されていて、最近では店内のインテリアも瀟洒(しょうしゃ)で、スタッフのサービスも行き届いた韓国料理店が続々登場していて人気になっています」


■ 旅と日常では異なる外食の位置づけ

韓国の外食産業の本格的な幕開けは1992年にファミリーレストランのTGIフライデーズがオープンしてからで、いずれも海外留学から帰国した財閥の2世、3世がビジネスにかかわるようになってからだと言われている。海外で見つけた味を韓国に持ち込んだというわけだ。一風堂もAKグループ2世の蔡東錫(チェ・ドンソク)副会長がその味のファンだったという。

韓国では1990年代にフュージョン料理が流行し、2000年代に入るとその国に特化したお国ならではの料理が人気となり、「ノバタヤキ」と呼ばれていた居酒屋はイジャカヤと呼ばれ、より日本に近い味が好まれるようになった。健康志向は「ウェルビーイング」というキーワードで浮上してからその志向は年々高まっていて、最近では野菜満載の韓国料理のビュッフェが人気となっている。

韓国と日本は飛行機で約2時間という近い距離で往来が頻繁なことも外食産業とは無関係ではないようだ。日本に旅行に行く韓国人観光客は今や年間およそ400万人(2015年、日本政府観光局)。日本への旅の目的を尋ねるとまず「食」を挙げる人は多い。しかし、旅の中での特別な「本場の味」と日常の中での「外食」では感じ方も味わい方も異なる。

本場の味や店のたたずまいなどをよく知る人が増えたぶん、地元での外食として本場の味をどうローカライズさせていくか、またどう調和させていくのか。外食を展開する企業はいま一度、再考する必要がありそうだ。

[菅野 朋子]



ソース:東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/117659












   <*`∀´> ウリは豚骨スープよりトンスルスープのほうが好きニダよ。






















【経済】元SDN48のメンバー 韓国のマッコリ広報大使に任命

元SDN48のメンバー 韓国のマッコリ広報大使に任命 [05/09]


元SDN48の小原春香と伊東愛が韓国マッコリ協会からマッコリ名誉広報大使に任命された。同協会が9日発表した。


20160509makkori.jpg


同協会によると、マッコリ好きとして知られる2人は今後、広報大使として活動し、日本でマッコリの長所などを広めていく予定だ。

ソウルガールズコレクション(5~6日)に出演するため4日に韓国入りした2人は、ソウルで開かれた韓日友好交流パーティーでマッコリソングを披露したという。

マッコリ協会は広報大使の任命と、先月30日に東京・新宿にオープンしたマッコリのポップアップストアを足がかりとし、日本でマッコリの広報と販促を強化する計画だ。 

マッコリ協会のパク・ソンギ会長は競争力を備えた良いマッコリが日本で知られないままにならないよう、ポップアップストアを通じて積極的に広報してくと話した。



ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2016/05/09/0400000000AJP20160509004400882.HTML












   <ヽ`∀´> この2人を使ってブームを再び起こすニダ!






















【テクノロジー】韓国独自の技術が見当たらない「韓国最高層」ビル

韓国独自の技術が見当たらない「韓国最高層」ビル [04/22]


ソウル市松坡区新川洞の「蚕室ロッテワールドタワー」は先月、最上部の尖塔構造部分の工事が終了し、地上123階、高さ555メートルの韓国最高層、世界5位の巨大高層ビルの外観が姿を現した。しかし、そこには「知られたくない真実」がある。

75万トンの建物の重さに耐えるための基礎設計は英アルップ社、その基礎の上に19万5,000平方メートルのコンクリート、4万トンの鉄骨を組み上げる建物設計は米KPFとレラ社、風速80メートルの強風に耐えるための風洞設計はカナダのRWDI(社、合計2万個のガラス壁を取り付ける外壁工事は日本のリクシルと米CDCがそれぞれ担当した。「韓国の建築技術の集大成」かと思われたロッテワールドタワーは実際には外国企業の手で建てられたものだ。

建設業界関係者は「事実上、コンクリートと鉄筋だけを我々の手で組み上げた格好だ。韓国の建設会社が海外に建てた数多くの高層ビルも実情は同じだ」と明かした。

ロッテワールドタワーは、独自技術なしで見た目の成長にばかり執着してきた韓国産業の限界を象徴している。


20160422made-in-korea.jpg


韓国は1993年に造船受注世界1位、94年に世界初の256メガバイトDRAM開発、95年に世界5大自動車生産国入りなど「製造業大国」の陣列に加わった。しかし、その虚像が建設、造船、スマートフォン、液晶ディスプレー、鉄鋼、自動車など主力産業の至る所で露見している。20年間の「製造業神話」は崩れつつある。

中国の液晶パネル業者、京東方科技集団(BOE)は昨年12月、安徽省合肥市に第10.5世代のパネル工場を着工した。現在第8世代が主力の韓国を2段階乗り越え、かつて韓国製テレビが日本のソニーを追い越すのに決定的な役割を果たした韓国の液晶ディスプレー産業に追い付いた格好だ。通信設備事業でも中国に圧倒され、1996年にCDMA方式を世界で初めて商用化した名誉は色あせている。

韓国企業はこれまで独自技術なく、大規模投資で「より薄く、より軽い」製品をライバル国よりも「より安く」生産することに集中し、成長してきた。しかし、韓国主導の「量産技術革新」は限界に直面している。

サムスン電子は最近、回路線幅18ナノメートル(ナノは10億分の1)のDRAM開発に成功したが、10ナノメートル未満の超微細製造プロセスは不可能だとの見方が支配的だ。そのため、これまでとは全く異なる概念の半導体が求められている。

「製造業の没落」は、20年以上にわたり世界トップに君臨してきた造船業でも現実化している。

現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業の造船3社は昨年だけで石油掘削装置などの海洋プラント部門で約4兆5,000億ウォン(約4,280億円)の営業損失を出した。「なせば成る」精神で走り抜けてきたが、複雑な海洋プラントに必要な設計能力が決定的に不足していた。基本設計は海外に委託し、それを土台に作成した設計図は発注元かた100回以上も突き返された。

結局、建造費用が雪だるま式に膨らみ、建造期間も延びた。造船業界役員OBは「韓国のエンジニアは海外のエンジニアリング会社が作成した基本設計をしっかり理解できていない状態で大雑把に受注価格を算出した」と話す。

製造技術の競争力が限界に達し、製造業の空洞化もますます深刻化している。独自技術不在で製造業を営む国ならばいくらでもあるからだ。

サムスン電子のスマートフォン事業はベトナムに生産拠点を移転。世界5位の自動車メーカー、現代自動車は過去18年間、韓国国内に工場を新設していない。

このため、世界最高に迫る青年失業率(11.8%)は改善の兆しを見せず、韓国の勤労者の労働時間は依然として、経済協力開発機構(OECD)でトップ圏だ。

ソウル大の李正東(イ・ジョンドン)教授(産業工学)は「これまで韓国の産業は他国を速やかに見習う『ファスト・フォロワー』で成功を収めてきたが、それに慣れ親しんでしまい、時代錯誤の蓄積で、白紙の状態から新たなものを誕生させる能力を育てられなかった。韓国経済の新たな飛躍に向けたパラダイムシフトが求められている」と指摘した。

[イ・ソンフン記者、写真=キム・ヨンジョン客員記者、グラフィック=キム・ソンギュ記者]



ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/22/2016042201041.html?ent_rank_news













   <ヽ`∀´> パクる技術は最高峰ニダ!























ほのぼの韓国ニュース


ブログ王

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



※このサイトはリンクフリーです。
PR
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
ショッピング
天気予報
おすすめ本
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
竹林はるか遠く
日本人少女ヨーコの
戦争体験記


よくわかる慰安婦問題
よくわかる慰安婦問題


韓国人に教えたい 日本と韓国の本当の歴史
韓国人に教えたい
日本と韓国の本当の歴史


虚言と虚飾の国・韓国
虚言と虚飾の国・韓国


朝鮮紀行~英国婦人の見た李朝末期
朝鮮紀行~
英国婦人の見た李朝末期


悪韓論
悪韓論


韓国男性に恋してはいけない36の理由
韓国男性に恋してはいけない
36の理由


トガニ: 幼き瞳の告発
トガニ: 幼き瞳の告発


捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国
捏造、剽窃、なりすましで
嗤われる韓国


息抜きゲーム









月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
おすすめフリーソフト
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Dropbox クラウドサービス2GBまで無料で利用できます

gigafile

クイックメール

Ubuntu
Ubuntu wiki
Fedora
Fedora wiki
Vine Linux
Vine Linux wiki
プロフィール

nekopanchi

Author:nekopanchi
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR